前世の日記探し2-広島編1

前世の日記探し2-広島編1 2003年11月03日 23:48 Pages: 1 2 3

「管理人旅記録」は、旅先でのあやしひ出来事を中心につづった記録です。
こう言った話が理解し難い方は、すみやかにブラウザーの閉じるボタンを押し、現実に戻って「一瞬変なものを見た気がしたが、これは私の体調不良による幻覚だ!そうに違いない!!」と考え、コップ一杯の青汁を一気飲みして健康な自分を取り戻しましょう。

*枠のある写真はクリックすると拡大して見れます。

三滝

いくつか思い出した前世の中でも特に引っ掛りの大きい一つ前の前世。
京都でお坊さんをやっていて、戦争が始まってとても悲しい思いで過ごしていたらしい。そして独自の修行法や目的を自分なりに日記に記録し、来世の自分がそれを読んで引き継げるように親しい人に預けてから死んだ記憶がある。この旅は、その前世の日記を探し出す旅なのだ。

前回の出雲の旅帰りに広島に寄った時、そこで初めて広島にも前世で住んでたかもしれないと言う気がして、京都に帰ってから色々調べ始めた。当初は一時的に住んでたかもしれないと感じる程度だったが調べれば調べるほど結構長く住んでたような気もしてきたのだ。

また前回の旅で後から分かったのだが、広島市内でオレが妙に気になった山と、Oさんが妙に気になった方角がピッタリと一致、しかもその地名には何かとキーワードとして縁深い「竜」の文字が・・。もしかするとこの山に住んでいたのかもしれない・・。
さらに日頃のプチ心霊体験の中、被爆地らしき所を坊さん姿で歩いているイメージまで出てきた。原爆が投下された当時、広島にいたのか?
とにかく気になり始め、もう一度広島に行く事を検討し始めた。

そして8月に入って、ちょっと遅れての盆休みが取れる。チャンス!
そんな訳で今回はその「竜」の文字の付いた地名、「竜王町」と言う所を目指して再び旅立ったのだ。

 

2003年8月28日(木)「原爆ドーム」

旅立つ前日になって、高校時代の友人T3から連絡があった。ひみつ日記を見たらしく、ちょうど木曜に出張で広島に行く事になってるとの事。おお、また何やら奇妙な偶然が起こり始めたのか?
とりあえずT3とは木曜の夕方広島市内で会う約束をしておいた。

AM9:00 出発。出発時のオドメーターは105,684km。
出勤時間帯の為か、京都市内は結構混んでいた。30分ほど走って京都南インターから高速に入り大阪方面に向かう。このまま広島へ・・と行きたいところだが、実はちょいと大阪に用事があって一度茨木インターで高速を降りる。

用事というのは茨木にある某農水産物製品開発関係の会社。ここでハイポニカと言う水気耕栽培の研究をされていて一株から13000個のトマトの実をならす事が出来るらしく、障害者施設などいろんな施設に導入されていると聞いて以前からちょっと興味があって今回見学の予約を入れていたのだ。
ちょうどウチの弟が通っている養護施設なんかにもイイんじゃないかと考えていたのだが、先日親に話してみたところ弟の行ってる施設は教会の一部の場所を借りてやってるらしく、そう言ったものの導入は話を持ちかけること自体難しいらしい。まぁでも、とりあえずそのトマトの巨木を見てみたくて今回見学に行ってみた。

高速を降りて10分ほど走ってAM10:00到着。2時間ほど説明や案内をしてもらった。
原理としてはわりと簡単で土を使わず栄養を含んだ水を根っこ部分に絶えず流してやる事で本来の植物の持つ生命力を最大限発揮させる事ができると言った感じらしい。個人的には手ごろな観葉植物なんかでもこんな変化が見れたらもっと一般にも流通するんじゃないかと思ったが、実際やりだすと難しいものなんだろうか。さしあたってカイワレ大根で自作して試してみたい(^^;)。
今回の旅の目的とは直接関係ないので詳細は省略するが、詳しくはこちらで見てもらえればどう言った所かはわかると思う。
植物や自然に関わる仕事柄か、案内してくれた社員の方も非常にノビノビ生き生きした印象の方で、何だかちょっとうらやましい気もした・・。
資料や案内など色々お世話してくださった社員の皆様ありがとうございました。

AM11:50、再び茨木インターから高速に乗る。夕方T3と広島で合う約束をしてるので、広島まで4時間として、もうひたすら広島目指して走るだけって感じになりそうだ。
途中雨も降ってくる。結構激しい雨だ。と思ったら晴れてきたりと天気の移り変わりが激しかった。広島では晴れてくれるとイイのだが・・。高速内では2回ほどパーキングエリアで休んで、プリッツと緑茶と菓子パンを買って地図でルートを確認したところ、広島市内で高速を降りると微妙に遠回りになる事に気が付いて少し手前の千代田インターで降りる事にした。夕方四時前千代田インターを降りてR52号線に入り広島市内に向かう。

  • 広島
    京都、渋滞です
  • 広島
    高速PAで一休み
  • 広島
    豪雨だ!
  • 広島
    広島市内。路面電車です

 

PM5:00、広島市内に入りとりあえず今日泊る所を探す。先日の心臓停止時に見た場所が建物の中って印象があったのだが(2003年8月3日の日記のスケッチ参照)、当時被災地で残った建築物は少数のはずだし、原爆ドームそのものだった可能性もあると思い、何か思い出せるきっかけになればと言う事で原爆ドーム近辺で手ごろなビジネスホテルを探す。一件目はあいにく満室、二件目でシングルを一部屋取れた。とりあえずそのホテルに向かって走るが市内は結構混んでる上、微妙に道に迷って同じ所を何度もグルグル走ったりして5時半頃ようやく無事にホテルを発見。
とった部屋は一番安いからか夜景を期待して窓を開けると目の前の手の届きそうな所に隣のマンション・・壁しか見えない(TvT)。まあいっか、明日は郊外の眺めの良さそうなところに泊ろう。

と、ちょうどT3からも電話が入る。彼は出張で広島に来てたのだが、平和大橋で無事に合流。高校時代の友人で、同じ京都市内の近所に住んでると言うのに、一年ぶりに広島で会うとは・・(^^;)。
彼は日帰り出張だったのだが、明日の夜から仕事らしくせっかくだからって事で同じビジネスホテルに泊る事に。そして彼の部屋の窓も開けると手の届きそうな所に隣のマンションだった・・(笑)

PM6:00 ホテルを出て晩飯を食べに行く事にする。・・の前にオレの希望で原爆ドームに立ち寄る。
ホテルから歩いて2、3分。前回の3月に来た時は周りの柵?が工事中かなんかでよく見れなかったが、今回は良く見える。もちろん瓦礫がそのままあってドームの中には入れない。・・・・。あれ?ドームの中って昔バイクで来た時、中に入れた様な気もするが・・、そんな訳ないか・・記憶違い?
そんな事を考えながらジックリ見る。何か出てきそうで出てこないもどかしい思いで一杯だった。先日の夢の現場もここだった様な、ここでなかった様な。しかし冷静に考えると本当に被爆直後、仮に2、3日後に坊さんであった自分がここを歩いていたとしたら、それなりに自分も被爆してたんだろうなと思った。

そこでさらに一つ気が付いた事がある。実はオレは生まれた時から皮膚が弱く、あちこち湿疹が出来やすいのだが、これも前世で被爆してた事が関係あるのでは?と思った。特に右腕には生まれた時から大きな青あざがあり、赤ん坊の時、親が医者に連れて行ってドライアイスで焼いて青あざを消そうとしたらしのだが、その為に大きな湿疹が出来て、それも治療はしたのだが、いまだにあざらしきものは残っている。
また小学生の頃、親父の乗ってたバイクのマフラーで左足の脹脛を火傷したのだが、そこも後々湿疹が出来、同時に何故か火傷も何もしてない右足の脹脛にも左足とちょうど対称の位置に湿疹が現れたのだ。
何だか来世で気が付くようにワザと前世で火傷でもしたのか?とふと思ったりもするのだが、そうだとしたら右腕、右足、左足・・残るは左腕?(^^;)とりあえず今世ではマゾではないので、もう火傷はしたくないんですけど・・(TvT)。

 

原爆ドームのその横を流れる川がまた異様な空気の重さがあった。ちょっと川のそばに下りてみた。重い・・。前回広島に来た時、Oさんが被爆直後、多くの人が川で亡くなったんじゃないかと話してた事を思い出した。確かに熱さに耐え兼ねてこの川に浸かって死んでしまった人がすごくいたんだと思う。
いや、どうだろう?川の水も殆ど干乾びてたんじゃないのか?もしかして被爆直後に水を飲むと死ぬとか言う事は無かったのだろうか?そんな話を聞いたような気もするのだが・・。だとしたらわずかな水を求めてここに降り、死ぬと分かっていながらも飲んでしまい亡くなった人なんか大勢いたのかもしれない。
そんな人達が今も水を求めて彷徨ってるのかもしれない。
「大丈夫、もう何も熱くないよ」と、そんな霊達に心の中で声をかけつつその場を去る。今は繁華街となったこの辺りの地上と、この川の雰囲気が対照的で何だかとても異様な感じだった。

城好きのT3が広島に来たら広島城に行かねば人間ではないと言いだす(^^;)。とりあえず人間でありたいので広島城へ向かって歩く(笑)。しかし城の中は既に拝観時間を過ぎていて見れなかったので、晩飯を食べに行く事にする。
T3が広島に来たら広島焼きを食べなければ人間ではないと言いだす(^^;)(^^;)。とりあえず人間でありたいので広島焼きを探して歩き出す(笑)(笑)。しかし二人とも広島については全然分からないので、繁華街らしき方向を目指して歩いてみる。地下に入り案内板を見つけて、広島焼きを発見。スペシャルと言う言葉に弱い二人。T3はスペシャル。オレもネギ焼きスペシャルと中ジョッキを注文。あ・・、そう言えば明後日Sさんと広島焼きを食べる約束をしていたのだが・・、まぁ、色々食べ比べるのもいいだろう。とりあえず食べる。満足。店を出てフラフラ繁華街を歩く。途中カフェに入ってコーヒーを飲んで落ち着く。T3は最近買ったVTR(大型バイク)の話をひたすらしていた。オレはもう5、6年以上オートバイに乗ってないはず。ちょっとまた乗りたいって気にもなったが、最近抜け毛も気になるし(笑)ちょっとメットを被る事にも抵抗がある年頃(?)なのだ。・・・・。しかしうらやましい・・。

  • 広島
    見えてきました広島城
  • 広島
    見えてきました入り口です
  • 広島
    広島城前にて
  • 広島
    繁華街です

 

繁華街を歩いてて気が付いたのだが、何で昔多くの人が亡くなった場所って繁華街になるのだろう?
京都の某繁華街もよく落ち武者の霊とかすごく多いと昔Nさんから聞いた事があったのだが、オレも昔その某所でたまに急に気分が悪くなってどうしようもなくなる事がよくあったので、その為かなと思ったのだが、この広島の繁華街にしても何だか戦時中の状況と対照的で不思議な感じがした・・。どういうエネルギー状態になってるのかよくわからない。
PM9:30 酔いもまわって眠気に耐えれずホテルに戻る事にした。
今日は、とりあえず原爆ドームをもう一度しっかり見ておきたかったと言う感じ。もう半世紀以上も前の出来事ではあるけれど、この先ずっとずっと人類が決して忘れてはいけない歴史の一つでもあるはず。

さて、明日はいよいよ寺探し。気合を入れて寝ます

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:429km
  • 出費(約):高速代900+7,200、おやつ300、ホテル6000、駐車1000、夕食(ビール込み)1700、コーヒー400・・計18,000弱
  • 主なBGM:サラブライトマンと尾崎豊(-_-)
  • 広島
    日記の催促が来たので書いて
    寝ます(^^;)。

 

Pages: 1 2 3 

« | 前世の日記探し2-広島編1 | »


前世の日記探し2-広島編1 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA