前世の日記探し1-出雲編

前世の日記探し1-出雲編 2003年03月09日 22:29 Pages: 1 2 3 4

3月1日(土)「鍋in京都」

AM7:00 目が覚め、窓の外を見ると・・思いっきり大雨(TvT)。Oさん、ZKさんとフロント前で待ち合わせ。
みんなそろったところでユースホステルを出発。現在、オドメーターは104,742km。実は広島駅まで夜勤明けのSさんを迎えに行く約束をしてたのだ。
AM8:00 広島駅にてSさんと合流。4人でこのまま京都に帰る予定だが、その前にちょっと平和公園に寄っていく。

AM8:30 公園の近くにクルマを止め、原爆ドームを見る。以前バイクで来た事があったのだが、その時は確か中にも入れたが、今は工事中(?)なのか中に入れなくなっていた。
しかし今見るとちょっと感じるものが違う。以前は大変な時代だったんだなぁと単純にそれだけだったが、今はその時の自分が見えそうで見えない変な感覚だった。
以前、オレの一つ前の前世について、Oさんは広島にいて原爆が落ちる前にみんなに知らせるような事をしてたんじゃないの?と言ってたのだが、オレはピンと来なかったので、否定してたが今こうして原爆ドームを見ると・・もしかすると一時期、広島にいたのかもしれないと言う気がしてきたのだ。そして何となく広島市周辺の山の上の寺にいたかもしれない気がしてきた。
でも、あんまり思い出したくない記憶のようで、思い出そうとすればするほど自然に目が潤んでくるのだ。何かつらくなってきて、それ以上考える事はやめた。

とりあえず4人で朝食をとれるところを探し出す。とある茶店のマスターって感じのオジサンと、4人同時に目が合ってしまい入る事に(笑)。
AM9:00 モーニングをいただいて、クルマに戻り出発。五日市インターを探す。
適当に走って、ようやくインターの看板が見え、よっしゃぁと思ったら、Oさんが突然「ここ右じゃないの?」と言うので思わず、そうかと思い右折したら全然違う方向に!Oさん「あ、ごめん間違えた?」オレ「あ・・騙された」。そうだ、Oさんは何かと怪しい霊視は出来ても日常ではかなり適当な人だったのを忘れてた(笑)。そしてオレもついつい素直に聞いてハメられた事が何度か・・(笑)。
また道が混んできて身動き取れなくなってくる。とりあえず横道に入り、スタンドに寄って給油しながら道を尋ね、何とか再びインターの看板の見えた道に戻れる。

AM10:00 五日市インターから高速に入る。京都まで370km。大雨であんまりスピードは出せない。つーか、やはりエアフィルターがやばいのか?元々、ディーゼルで遅いクルマではあるが、今日はさらに遅く感じる。この分だと京都に着くのは2時頃か。Oさんに、MNさん宛てにメールで連絡をいれてもらう。しかし、この大雨、ホント昨日タイヤ替えてなかったら滑りまくりで死んでたかもね‥。
中国自動車道を2時間ほど走ったところでサービスエリアで少し休憩。またすぐ走り出す。OさんやSさんと過去の怪しい体験を競って語り合い(笑)。で、ZKさんは後部座席ですでに熟睡‥。

PM2:00 ほぼピッタリ京都につく。インターを降りてMNさん宅に到着。
すでにMNさんと、同居人のTAさん、Sさんの友達のNSさんとY2君も来ていた(イニシャルがややこしい^^;)。
鍋はすでに準備が出来ていて早速みんなで食べる。みんなSさんと久々に会うので話が長い。
オレは、とりあえずこの日はさすがに運転で疲れていて、も一つはしゃぐ元気も出なかった。夕方には、とりあえずおひらき。

PM7:00 自宅のガレージに到着。オドメーターは105,163km。オレは、この後爆睡。目が覚めたら翌朝9時だった・・‥。
こうして私の怪しい旅は終わったのだ・・。

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:421km
  • 出費(約):モーニング500、ガソリン5,000、高速8,000、鍋500、・・計14,000弱
  • 主なBGM:元ちとせと尾崎豊(+_+;)
  • 出雲
    一日中大雨。この日の写真は、
    朝にユースで撮ったこれ1枚。

 

旅を終えて・・。

京都に帰ってきた翌日は日曜だったので、みんなでSさんを京都案内。って、去年まで京都に住んでたから観光ってほどではないけど。色々まわって写真もとって・・。でも本人の承諾はとってないので(つーか、このサイト自体ちゃんと教えてないし)みんなの写真は載せれませんが(m–m)、代わりに載せきれなかった旅の写真を追加します。

  • 出雲
    出雲は、また行きたいけど
    やっぱり・・
  • 出雲
    その時も曇り
    なのか?
  • 出雲
    その時も運転しながら
    撮ってるのか?(多分捕まる)
  • 出雲
    関係ないけど山の
    水は綺麗だ

 

ところで、やはりSさんは以前に比べて怪しい話はあんまりしなくなった様子だった。まぁ、当り前だが地元に帰ってまわりが普通の人ばかりじゃ、そんな話もできないだろうし、むしろ自分の方がおかしいのでは?と考えるのが普通だ。
オレもここでは別に嫌われようが変人扱いされようが、開き直ってどんどん書いてるが(笑)、普段からこんな話ばかりしてる訳ではないのだ~。つーか、ここ以外では普通にちょっと元漫画家ってだけのサラリーマンを装ってる(つもりな)のだ。

ただ、前世って思い出せば思い出すほど、どれだけ自分が同じ事を繰り返してるかわかってくるもの。Oさんらと出会う前でも、たまに前世を覚えてるって人とは何人か出会った事はあるが、大概思い出してる前世って、まず大成功してる時の生か、大失敗してる時の生。特に大成功の前世だと、じゃあ今の自分はナニをやってるんだ?って事になる。
前世はあくまでベースとして今世はそれ以上の事をやらないと生まれてきた意味など無いと思うのだ。
また思い出しにくい前世は、大体似たような普通の一生をひたすら繰り返してるだけが多い。今の人生って結構イケてるんじゃないの?なんて思ってても、大概前世でも同レベルにイケてるもの。だったら何でワザワザ繰り返し生まれてくるのだ?その理由に気付かない限りこれからも同じ一生を繰り返すのかもしれない。そうはなりたくないから自分の生まれきた理由をしっかり探りたい。そのヒントを、前世を繋げて思い出す事からも割り出す事は出来るのでは?と考えて私の場合はこんなに怪しく生きてるのだ(爆)。

Sさんもきっと広島に生まれた事に意味があるのだろう。多分広島と言えば原爆と言うイメージがあるし、そう言った平和と言うものをあらためて考える、あるいは何か自分に出来る事がここにあるのだと考えて生まれてきたのかもしれない。別に怪しくなって欲しいと言うのではなく(笑)、そんな奥深い本当の目的をSさんや、このサイトに引っ掛ってしまったアナタに、早く見つけて欲しいなと、私的に思っている今日この頃なのだ・・。

Sさんは月曜の夜からまた夜勤らしく、月曜の朝には広島に帰ったらしい。Sさんにとってイイ気分転換になってたらイイんだけど・・。
そしてOさんや他の皆さんお疲れ様でした・・(オレもね^^;)。

  • 【4日間の全データ】
  • 全走行距離:1,113km
  • 全出費(約):宿泊費20,000弱、食費5,000強、お土産5,000弱、ガソリン9,000弱、高速8,000弱、雑費2,000弱・・計約49,000円(タイヤなど別62,000弱)
  • 主なBGM:尾崎豊(^_^;)とその他色々
  • 出雲
    今回の旅のお供。
    日産テラノ初期型。
  • 出雲
    もう一人、旅のお供。
    OLYMPUS-C4100。

 

3月16日(日)追記

やっと旅記録がまとまってきた。後はここに追記を書いてアップする事にしよう。で、追記と言うのも面白い写真が見つかったので載せようと思うのだ。

今回の出雲には以前バイクで行った事があると書いたが、そのバイクで行った時の出雲の写真で面白いのが見つかった。この時もやっぱり曇りだったのだが、夕焼けが綺麗で何気に撮ったもの。これがよく見ると3人の天使が天に昇って行くような姿に見える。真中の人が力がありそうで、向かって右はその人を見ている女の人?左側は顔は薄いが男の人?・・親子みたい。何かよくわからないけど3人いるって感じで面白い。

何か、出雲から帰ってきてからも雲を意識する様になって、最近出勤途中なんかもよく空を見るのだが、特別出雲だからって訳ではなく意外と結構面白い綺麗な雲や夕焼けって、普段から見れるものだと今更ながら気付かされた。
空をゆっくり楽しんで眺める時間なんてなかなか無いかもしれないけど・・皆さんも是非、気が付いたら空をじっくり眺めてみてほしい。意外と発見があると思う・・。

Pages: 1 2 3 4 

| 前世の日記探し1-出雲編 | »


前世の日記探し1-出雲編 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA