前世の日記探し1-出雲編

前世の日記探し1-出雲編 2003年03月09日 22:29 Pages: 1 2 3 4

2003年2月27日(木)「出雲の国」

AM8:00 目が覚め外を見ると曇り。ガックリ。今日だけは晴れて欲しかった。かろうじて雨は降ってないみたい。とりあえずモーニングをとって準備を整える。現在、オドメーターは104,285km。

AM10:00 出発。ちょっと雨がパラついてる。鳥取市を出て9号線に戻り米子方面に向かう。途中「いなばの白兎」と言う看板を見つける。??いなばの白兎ってたしか出雲神話でしょ?鳥取って何か関係あるの?
ちょっと気になりながらも海岸沿いの9号線を走ってると今度は「白兎海岸」と看板が・・。え?何?その妙にカワイイ海岸は~。続いて「白兎神社」???因幡の白兎って鳥取だったのか?とりあえずクルマを止めて。何やら怪しい白兎神社を訪ねてみる事にする。

階段を上り、で手水舎で手を洗おとするとビックリ!いきなり白兎伝説の歌が天井の隠しスピーカーから流れ出す。妙に陽気なリズムが怪しい。神社に来ると看板のとなりにまた怪しい写真台が。由緒書きにはやはり「因幡の白兎」伝説について書かれてあった。ちなみに白兎神社は「はくとじんじゃ」と読むらしい。「しろうさぎじんじゃ」の方が何か可愛くてイイのに・・。とりあえず満足して神社を出て正面の海岸に行って見る。ちょっと浜辺はゴミで汚いが、冬の日本海は波が荒くて面白い。やっぱり海はいいなぁ。

  • 出雲
    白兎海岸です
  • 出雲
    突然陽気な音楽
    隠しスピーカ?
  • 出雲
    白兎神社です。
    む?右に怪しい人影!?
  • 出雲
    冬の日本海の荒い波!

 

AM11:30 再びボロ愛車で走り出す。すると雨!それもすごい勢いで降ってくる。空は真っ黒!あぁあ、出雲は雨での観光なのかぁ?オレは曇り男のハズなので、何とか晴れなくてイイから雨だけ止んでくれないものかと念じながら走る!

AM1:30 ようやく出雲市内へ。すると今度は急に晴れてきた!それも怪しい事に全面真っ黒な雨雲なのに、出雲市上空だけぽっかり穴が開いて晴れてるのだ!おおっ!何か歓迎されてるぞ!
PM2:00 出雲大社到着!・・しかし、大社に着くとやっぱり曇りになってしまった。ちっ、気のせいだったか。まぁ曇り男だしいっか‥。
クルマを降り、長い参道を歩いてようやく本殿が見えてきた。伊勢神宮同様ここも広すぎ~。昔バイクで来た時の事が思い出される。そういやあの時も曇りだったよなぁ。

 

かなり古い雰囲気の造りがまたいい感じ。さすがにここは観光客もいくらか見かける。禰宜さんにお願いして大きな注連縄の前で記念撮影。続いて宝物館に立ち寄る。撮影禁止が残念だったが入り口の龍の絵が目に止まってしばらくボーっと眺めてた。中に入ると櫛名田姫や大国主神などの神像が・・撮影禁止なのが残念。他にも宝物館はないのか?と向かいのそれらしき建物に入ると受付のお姉さんが慌てて「お、お客様!こちら事務所になりますぅ!」、オレ「あ、失敬」(笑)。

PM3:00 出雲大社を出ると、何やら雲の分け目から見える太陽の光が神々しくて、思わずちょくちょく写真を撮りながら海岸沿いに走る。するとまた怪しい社の屋根が見え立ち寄る。「日御碕神社」とあり、天照大神とスサノオノ尊を祭ってるみたい。あやしひ。 ここもてくてくふらつきながら見て回り、気が済むとクルマで海岸沿いに再び出雲市方面へと走る。

 

PM4:30 出雲大社近くの土産物屋に寄る。しかしもうシャッターを閉め始めてる。え~!早すぎ!あ、でもオレも昔地元の嵐山の土産物屋でバイトしてた時は5時か6時ぐらいに閉まってたような・・。そういうものか。とりあえず出雲そばやら土産を買って、今日予約を入れた須佐温泉へと向かう。

帰りになるとまた日差しが!何で今頃~。と、写真を撮ろうとするとまた微妙に雲に隠れてしまう。なんかからかわれてるみたいだった。それでも微妙に隠れた太陽の日差しが何やら妖しく雲の隙間からもれて、何だか油絵のようで妙に綺麗だったので適当に写真を撮り続ける。
Oさんからメールが来たので、ずっと曇りで、確か昔バイクで来た時もずっと曇りだったよ・・と、話をしたら、Oさんいわく「出雲なだけに雲が出てくるんだろうね」との返事。おお、そうか!そう考えると普通に晴れてるより色んな姿の空が見れるわけだから良かったのかも・・。そう思うとちょっと納得してしまった。

 

PM6:00 温泉旅館着。いきなりだが、昨日のホテルの癖で思わず土足のままフロントまで上がってしまう!従業員が慌てて「お、お客様!お履物をお脱ぎくださいませぇ!」、オレ「あ、失敬」(笑)。

泊まった部屋は「星滑(ほしなめら)」という部屋で。近所の須佐神社の七不思議の一つの名称らしい。あやしひ・・明日の朝行ってみよう。
やはりシーズンオフの平日だけに他の客は少なく温泉、露天風呂にほとんど貸しきり状態で入れた。
ところで実はオレは別に温泉好きでも何でもないのだ。特に疲れが癒される感じもなく、さっさとすぐにあがってしまう。つーか別に疲れてないし(笑)。ただ、この間の請負仕事でさすがに精神的にくたびれて、気のせいか抜け毛が多くなった様な気もして‥、ふと友人から温泉が抜け毛に効くと聞かされ、それは温泉に行かねばと思い今回寄る事にしたのだ!(笑)
・・・・。しかしよく考えたら湯船につかる時は頭はつからないよなぁ~・・騙された?(爆)

PM7:30 懐石をいただく!カモの刺身に猪鍋、ビールで酔ってしまい、ついウトウト・・。う~ん、久々の贅沢~。漫画家で連載とった頃以来?
AM0:00頃、酔いも覚めて今度は内風呂に入る。何か広くてお湯を貯めるのが勿体無い。でも抜け毛の為だ!今度は頭ごと浸かるぞ!(言っとくけど、今はまだ髪は普通にあります・・笑)
30分ぐらいでお湯もたまる。内風呂の方はちょっとぬるいかなって思ったけど、温泉だけに後からポカポカしてきた。ちょっと冷たい物が欲しくて部屋を出て自販機を見てると「夕張メロンミルク」なんて言う怪しい缶ジュースを発見。何なんだこれは~!昔、炭酸入りコーヒーとかスイカジュースとかあったけど、これまた怪しい。でも、まだこれは微妙に味が想像出来るな‥。とりあえず今はまともにお茶が飲みたかったので、買わずじまい。明日の朝チャレンジしてやる!
AM1:00 布団に入るがなかなか寝付けない。再び色んな人からメールが入りだし、とりあえず金曜はOさんが来る事だけは確実みたい。MNさんとZKさんはまだ未定。

さて、このMNさんとZKさん。二人ともOさんの友達で年下の女性。比較的怪しくないです(笑)。で、ZKさんのバイト先の友達だったのが広島に行ってしまったSさん。同じく年下の女性です。なんだ女ばかりか?羨ましい!とか思われるかもしれませんが、ハッキリ言いましょう。オレは男として認識されていません!(笑)。漫画家の時もアシスタントは女性が多かったけど、今でも友達って感じの人が多いし。つーか恋愛って結局別れたりしたら友情を取り戻すのって難しいよねぇ(少なくともオレは大概ムリだ^^;)。そう言う意味でも恋愛と友情はキッパリ区別したい方なのでオレ自身も意識する事は無いのだ(・・多分ね)。・・・・。って、こんな調子だからいつまで経っても結婚できないのか!?‥
でSさんは、これまた霊感が強く前世もいくつか思い出していたのだが・・。Oさんの話では、広島に帰ってからは自分の前世の記憶など気のせいだったんじゃないかと考え直し始めてるらしいのだ。え~!自分だけ正常になるなんてズルイ!変人仲間が減ってはこの世はつまらなくなる!そんな簡単に正常に戻れるならオレも戻りたいよ~(笑)
そんな訳で、まぁ正直、何かあったのかとちょっと心配で今回久々に会えればなぁと考えていたのだ。ただ以前日記で書いてた某チベットヨーガの団体にもちょっと絡んでた人物なので、もしかすると内容はここではほとんど書けないかもしれないので、その時はオレの記憶の中の前世のSさんの話でもして間をもたせましょう(笑)。Sさんに会える明日が楽しみ。

AM3:00 ようやく睡魔がやってきた。今日は温泉にもつかれたし、これで少しは抜け毛が減るとイイなぁ(笑)

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:218km
  • 出費(約):モーニング500、出雲大社宝物館150、お土産3,000、宿泊12,000、ビール追加600、夜中に缶緑茶120、・・計16,000強
  • 主なBGM:遊佐未森と尾崎豊(-_-;)
  • 出雲
    白兎神社の怪しい
    人影の正体は写真台
  • 出雲
    日御碕神社の鳥居

 

Pages: 1 2 3 4 

| 前世の日記探し1-出雲編 | »


前世の日記探し1-出雲編 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA