輪廻の海を更新しました

輪廻の海を更新しました 2013年09月14日 00:03

輪廻の海を更新しました。

日本での前世が続いてます。
他の国での前世もいくつかあるんだけど、わりと普通の人生が多く、やはり何か大きな出来事が起こるのは日本みたい。
でもこの邪馬台国以前となるともう日本と言う国自体がないので、主に中国やエジプト、ギリシャなど他の国での話になる。

ところでその前世の記憶ついでに面白い事が最近あったので、その話。

現在、京ひぷのの方で行っている心応理と言う瞑想ワークで、戦国時代のあのお方、家康の記憶が出てくるお客さん(ここではAnさんとする)がいた。

えーっ、まさかと思った。
いや、ちょっと冷静になろうと、そもそもヒプノセラピーは、潜在意識に引っかかっている感情を吐き出していく事が目的であり、別に前世を思い出す事自体が目的ではない。それに付随する感情を今の自分が認識して消化する事が大事なのだ。その為の「前世物語」なので、その前世が本当かどうかなんて、どうでもイイ事。

と、わかってはいるものの、
実に興味深い。。。

まぁ、歴史上の人物の記憶を思い出す人は時々いる。今までにも何人かいた。
今の所、同じ人物の記憶を思い出す人はいないが、魂が別れたりくっ付いたりする概念もあるので、現れてもおかしくはないと考えてはいる。

しかし今回、いつも以上に私が興味を持ったのは、別のお客さんが、信長の下にいた私も家康と会っていたのでは、そう言う縁があったのではと言われた事。
なるほど、それはおもしろい。
と言う事は私が、その時の記憶を思い出せば、よりいっそうハッキリ分る事もあるのではと思い、早速挑戦した。

そして瞑想と言うか、自己ヒプノで出てきた場面はこんな感じだった。

———————–

信長のいる城の様な所。

ちょうど、家康が部屋から出て、庭か何かの所に出るところで、ふと私の存在に気付いて、私に声をかけてくれたと言う場面。
その場面では、一応たんたんと当たり障りなく会話に応じた様子で、すぐ別れると言う場面だ。

でも私の心の中では、「ああ、この人に付いていた運命だったら、自分はこれほど苦しまなくて済んだだろうな」と少し思いつつも、でもその時代の私は「嫌悪」に呑まれていたから、信長の方に縁付いてしまったんだろうと半分あきらめてる様な感じの場面だった。

確かに、その場面の中の家康の印象と、今世のAnさんの印象は近いかなと言う感じはある。

———————–

そして実はもう一つ確信に近付くエピソードがある。
今回の輪廻の海でも最後に少し書いたが、私がいつも矢に刺さって死ぬ理由と言うのが分かる前世が別にあり、その前世でAnさんが登場していたのだ。
しかも同じ様にAnさんが、私を見つけて声をかけてくれると言う部分も同じだった。
その辺が分かってきた事もあり、なるほどだから戦国の時も、私に気付いたんだなと納得できた。
ちょっとネタバレにならない様、抽象的に書いているが、詳しくはまた、その前世の話を書く時にまとめて書きます。

※そんな前世の共有部分を参加者同士で見つけられたりするのも「京ひぷの」ならではのヒプノワークスタイルです(宣伝)。

しかし、関係ないが、私の前世はいつも誰か世の中を動かす人の側近の様な立場で活躍する前世が多く、なんで自分が表に出ないんだろうと不思議に思っていた。
それが昔、漫画家になる前に、ペンネームを考えようと姓名判断を色々調べた事があるのだが、面白いのは、私の本名が姓名判断で見ると「黒幕運」と出るのだ。ようは誰かのそばについて陰で力を発揮する運勢だと言う。

黒幕・・

。。。。。

何とも微妙な響き。私の中では「黒幕」と言うより「黒子」じゃないのかと言う気もするのだが。。

確かに今世でも思い当たる事は沢山あった。しかし今世に限らず前世でもいつも黒子、いや黒幕と言う感じの人生ばかりだ。
それってもう魂レベルで、そう言う黒子、いや黒幕人生まっしぐらの魂って事じゃないのかと思うとちょっと切なくなってきた。

だから歴史上で活躍する人と言うのは、だいたい繰り返し活躍しているものなので、さっきのAnさんも既にもう一つ歴史上の人物の前世を思い出しており、もうそう言う所からも、元々そう言う星の元に生まれた人と言うのが分かる。

そしてそう言う人に前世で縁付いてた私は、いつも黒子、いや黒幕と言うか、悔しいけどそう言う星の元の人なんだろうなぁと。。まぁ、それがイイのか悪いのかはわからないが。

前世の証明は出来ない。でもこう言うお客さんの話を一つの物語として、聞くのは非常に面白い。
えー、あの歴史上の有名なお方が、今世では普通の主婦ですか‥みたいなギャップも面白くていつも驚かされる。

とりあえず私は黒子、いや黒幕なりに、コッソリ怪しく、また頑張って記事を書いていこうと思う今日この頃なのであった。。。

 

« | 輪廻の海を更新しました |


【コメント&トラックバック】

オシテ文字を学ぶと邪馬台国以前にも日本には文明が会った事が判りますよ。

2013年10月6日 09:30   posted by まこ 


オシテ文字、ちょっと検索しました。縄文時代からの文字なんですね。なるほど面白いですね。ありがとうございます。

2013年10月7日 09:51   posted by 管理人 


Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA