再びちょっと怪しい話。

再びちょっと怪しい話。 2002年09月16日 22:12

最近「天津金木」と言う占術道具がすごく欲しい(^^;)。今で言うタロットの様なものかな。深い潜在意識に繋ぐ事で単に前世や未来を見るだけでなく宇宙の真理そのものを垣間見る様な奥の深い占術道具。それを平安時代に一番よく使ってた覚えが強く出てきているのだ。

木で作る積み木のような道具なのだが、平安時代、山の中で一生懸命、天津金木を作る為の木を探していた気がする。やっとの思いで自分と波長の合う木を見つけ、まずはじっくりその木と一晩かけて会話して翌日宮中の人達に手伝ってもらって祭って、その木に許しを得てから切り削って加工し、やっとの思いで使えるようになった気がする。

でも、今ではそんな木を勝手に切ったり出来ないし、第一どう言う木で作ってたのかまではわからない(^^;)。今でならああ言うのって売ってたりするのかなぁ?マニアとかだったら持ってる人とかいるのだろうか?本格的な古神道家なら持ってそう・・。

あ、あと、何やら葵祭りの斎王代(?)に恋してた様な記憶も出かかってる・・あやしひ(^^;)。

 

| 再びちょっと怪しい話。 | »


再びちょっと怪しい話。 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA