遊郭で遊ぶお坊さんの前世?

遊郭で遊ぶお坊さんの前世? 2010年04月24日 23:00

ちょっとビックリした事がありました。
私にも関係する話で恥ずかしいのですが、でも何か考えさせられる前世物語なので、本人に了解を得た上で書いてみる事にしました。

最近来られたお客さんのiさん(仮称)。 iさんは元々某別サイトをきっかけに、よくメールをくれる様になった友達でもあります。でもムッチャ遠くに住んでる方で、会った事はありませんでした。
ただ、以前から「死ぬまでに1度は会っておきたい!」とか「結婚して下さい!」とか言って下さる女性で、うれしいやら恥ずかしいやら、非常に素直でイイ方だと思ってはいたのですが、でも私の方は同時に何故か恋愛感情とかではなく何か違う感情の様な感じもあって、いつもさらりさらりと笑顔でかわさせていただいておりました^^;

?そのiさんが今回念願の京都旅行に来られ、京ひぷのを受ける事になったんです。
会った事もないのに、結婚したいとか、そんな感情があるなら、そう言う前世もあったのかなぁと思うものの、実際会ってみたところ、とても綺麗な方でビックリしたのですが、確かに会った事はあるなぁとは感じるんだけど、でもやっぱり恋愛感情とは何か違う感情だなと感じていました。
で、事前カウンセリングの中で、あらためてどんな感情なのか話を色々聞いたところ「あこがれ」と言う感じらしいのです。
じゃあ、なぜその「あこがれ」と言う感覚が出てくるのか分かる前世へと言う形で誘導する事にしました。

?しかし、ここで私は一つ気がかりな事がありました。
それは、iさんが以前、他の方に霊視してもらったりした時、どこか遊郭の様な所で働いていて、お客さんと恋仲に落ちて心中した前世があると言われたそうで、それを聞いてドキっとしました。

実は昔、私の友達にも「自分は前世、絶対、遊郭みたいな所で働いてた気がする」と言う友達がいて、その友達も今回のiさんと同じ所の出身で、何か二人共も歳も近くて、当時同じ様に結婚の話もしていて、何かすごくよく似てるのです!
そして何故か私は、その昔の友達とiさんの二人と前世で同時に会ってたんじゃないかと言う気がしてきたのです。。
しかもiさんも私を見てお坊さんの様なイメージだと言うので、確かに自分はお坊さんの前世も多いけど。。

いやまさか、でも。。!!
もしかして私の中で遊郭で遊ぶお坊さんの前世とかがあったらどうしよう@@!?
そしてそこで二人と会ってたりなんかして!!
何かすんご~く、いかがわしい妄想が私の中で膨らんできたわけです!!(笑)

ま、まて!と言う事は、これでセッションを始めたら・・前世において「遊郭で遊ぶお坊さん」の私が出てきたら。。
この空気はどうすればいいんだ!?
「遊郭で遊ぶお坊さんの前世を持つセラピスト」になってしまうぞ!!(笑)
いや、本当にそんな前世があったら、ここであえて、この話をネタにしてしまうと面白いかな^^。
でも客は確実に減るだろうなぁ・・(笑)
と色んな考えが飛び交う中、もう私は「京ひぷの」の命運をかけて、覚悟してセッションを始めることにしたのです!

******

?すると出てきたiさんの前世は、意外にも10才前後の男の子でした。
神社の境内の様な所で、友達と3人ぐらいで蹴鞠をして遊んでるシーン。かなり昔の日本の様でした。

そして、食事の場面に行ってみると、何か広い部屋で沢山の人と一緒にご飯を食べてる場面。
共同生活?しかし、ここで分かってきたのですが、どーやっても両親が全く出てこないのです。両親に会ってる場面に誘導しても何も出てきません。
おそらく親を早くに亡くしたか、何らかの理由で孤児となった子供達の一人だったんじゃないかと思いました。

次に恥ずかしいですが、私に「あこがれ」を感じる場面です。
やはりiさんは10歳前後の場面で、大人の私が袴姿で出てきた様です。どーも前世の私は宮司さんか何か、そんな立場の人の様で、iさんを含めて子供達の面倒を見ていたようです。
iさんは、思想的なものなのか、生き方なのか、何かその私に憧れてたようでした。「僕もこの人の様なカッコイイ大人になりたい・・」そんな風に思ってたみたいなのです。

じゃあ、前世のiさん自身は、それからどんな大人になっていったのか、大人になった場面に誘導してみます。

しかし何も出てきません。。
まさかと思いながらも亡くなる場面に移動してもらうと、最初とあまり変わっていないやはり10歳前後の若さで、病気か何かで亡くなる場面が出てきました。
カッコイイ大人になる前に亡くなってしまった様でした。

しかし、ちょっと気になったのは、亡くなる場面に私はいませんでした。それが気になって最後にもう一度、憧れていたと言う前世の私と、最後に会った場面に移動してもらいました。
すると最初と似たような感じで、友達と3人ぐらいで蹴鞠をして遊んでいる中に、大人の私が一緒になって遊んでくれている場面でした。

そこで、どんな気持ちですか?と聞くと。。
「遊んでもらってすごくうれしい。。」
と言う言葉が返ってきました。

?実はこの言葉を聞いた瞬間、私は急に涙が溢れてきたんです。
ビックリしました。
わけがわからないまま必死で涙声を悟られない様にしつつ誘導を続けました。

そして次の瞬間、iさんも急に大泣きしだしたのです。
「あれ?あれ?なんで涙が出てくるの!?」と、苦笑いしながら、嬉しさと切なさが入り混じって、大泣きされました。

  • 前世

両親もいない前世のiさんは10才前後と言う短い一生で、自分もカッコイイ大人になりたいと願いながら亡くなっていったのです。
そして私も、その前世のiさんの事を、その子供達の事を、すごく大切に思っていた事、そして何らかの理由で、その男の子の臨終に立ち会えなかった事、その子達の来世を心配していた事など。。
本当に自分は精いっぱい、この子の短い人生にイイ影響を与える事が出来たのだろうかと、そんな想いが沢山湧き上がってくるような感覚がありました。

そして今、その子から今世であらためて「遊んでもらってすごくうれしい。。」って言う言葉を聞けて、何か私の中で前世の私が「ああ・・良かったぁ」と。。
安心した様な、心の底からホッとした様な気持ちがこみあげてきたんです。。
だから、私の方が先に涙が出てきてしまったのかと、後からじわじわ分かってきたのです。

******

iさんもセッションを終えて、とてもスッキリされたようです。
今世では普通に親もいるのに、何故何となく寂しさとか自信が持てない感じだとか、そんな感覚があったのか、今見た前世で、親がいなかったからなのかもと、色々気付かれた様です。

?そしてこのセッションでもう一つ私が気付いたのは、iさんと似ていると言ってた私の友達の前世も、もしかしてこの前世の蹴鞠で遊んでいた子供の一人だったんじゃないかと言う気がしてならないのです。

さらにじゃあ、二人とも遊郭で働いていた前世と言うのは無関係かと言うと、そうではなく、この蹴鞠で遊んでた前世の子供たちがみな両親がいなかったとしたら、その子達は「自分は親に愛されていなかったのかな?」と言った様な魂の傷を持ってしまった可能性が高いです。

そしてその傷は来世では漠然とした不安感に繋がりやすく、誰か愛する人がいたら不安感はなくなるものと錯覚して恋愛に依存しやすくなったりします。
でもその不安感の原因が前世にあるから、誰と恋愛をしても満足感が得られず、エリアシフト講座でも説明してますが、色情と言う領域にはまりやすくなってしまうのです。

?そんな感じで、もし、この蹴鞠の前世の後、二人が遊郭の前世に結びついてるとしたら、納得がいきます。
そう言った仕事に就けば、漠然とした不安感は麻痺するからです。でもそれで本当の意味で不安感が無くなるわけでは無いのです。

?10歳ぐらいまでの子供と言うのは潜在意識がオープンで、とても傷つきやすいです。今は結婚も離婚も簡単に出来ますが、子供が産まれたら、離婚はまず子供の事を第一に考えて欲しいっていつも思います。(離婚するなと言う意味ではないです。子供にとってと言う意味で早く離婚すべきケースもあります)。
そう言った心の傷は、その子の来世にまで響くんです。本当に。。

?セッション後、本人から聞いたのですが、iさん自身も会ってみてあらためて恋愛感情とはまた何か違うと感じた様で、やはりこの前世の男の子がとても前世の私の事を慕っていた様で、本当に大好きだった様で。。
だからもっと一緒に生きたかった気持ちが今世で結婚したいって感情になってたんだなと、気付かれた様でした。

?そして前世の私も、本当に前世のiさんや、一緒にいた子供達の事を、心配してたんだろうなと何だかすごく感じるのです。もしかするとその3人の中で他にも早くに亡くなった子がいそうな気もします。
何故その子達に親がいないのかまでは、今回のセッションでは行けませんでしたが、そのうち分かるかも。。

ちなみに、もう一つ気付いた事。私のマンガ「ゆらとふるへ」の冒頭の由良とお爺ちゃんの山登りのシーン。これ多分、私の前世の一場面を無意識に描いている気がして、もしかすると今回のセッションで出てきた3人ぐらいの子供達のうちの一人と緒に山登りに行った事があって、そのイメージなんじゃないかと言う気がしてきました。
そして、その子はさっきのiさんと似ていると言う昔の友人の様な気がしてきたのです。

その友人の方は、今は結婚もされて、ここ最近連絡がない所を見ると幸せに暮らしてるんだろうなぁと思います。

しかしまぁ、とりあえず「遊郭で遊ぶお坊さん」でなくてホッとしましたよ(笑)

 

« | 遊郭で遊ぶお坊さんの前世? | »


遊郭で遊ぶお坊さんの前世? はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA