長野の旅

長野の旅 2007年08月17日 21:51 Pages: 1 2 3 4

2007年8月14日(火)「美ヶ原」

今朝の夢。というかまた幽体離脱したようだ。
夜中、浮遊感と共にベットの上スレスレを横に移動していく。ベットからはみ出ると床の辺りまで落ちる。ふと何とかこの幽体の自分の姿を携帯で撮れないものかと考え携帯をつかもうとするが、多分この辺りから夢に入っていたのだろうと思う。
夢の中では、どこかの広場に居て、ここでこれが夢だと気づいて、エネルギーを上げておこうとマントラを唱え始める。一旦目が覚める。まだ夜中の2時過ぎ。再び眠る。
今度はどこかの神社の前で左手に海が見える。ここでまた夢だと気づく。背後から誰かに呼ばれる。振り返ると見知らぬ女性が居たところで目が覚める。4時前だった。
また、どこかの展望台から町並みを見下ろしてる夢も見る。これはすぐ今日これから見る美ヶ原からの景色だなと感じてまたすぐ目が覚める。

6:30 起床。混む前に食べに行こうと思って1Fレストランへ。しかし昨日同様まだ7時前なのにすごい混んでいた。失敗だ。みんなこんなに早起きだとは思わなかった。こういう場合食事は遅めに行った方がいいのかな。

9:00 出発。オドメーター81,583km 美ヶ原の王ヶ頭を目指す。
松本から美ヶ原林道に入り県道62号に出る。1時間ぐらいだろうか、一気に視界が広がる。きれいだ。向こうにいくつかの鉄塔らしきものが見える。あれが王ヶ頭?手前に大きな駐車場がありそこに車を止めた。
これはちょっとしたハイキングになりそうだ。その前に水分を買っておこうと自販機の前に来るとペットボトルが200円・・高い。まぁ、こういう所はそういうものだとあきらめて買う。

10:08 リックを背負って出発。
まずは王ヶ頭を目指す。結構人も来ていた。高山植物とかよくわからないが一生懸命撮ってる人も居た。30分ぐらい歩いただろうか。鉄塔の目の前まで来た。王ヶ頭の大きな看板もあり、近くの夫婦を捕まえて写真を撮ってもらう。

向こうには牧場が見える。そして大きな絶壁?ああ、これは見た覚えがある。昔来た時もここを歩いたのだ。少し牧場の方に向かって歩く。しかし振り返るとあっという間に鉄塔がはるか遠くに。これは帰りがちょっと大変かも。やっぱりこの辺りで引き返そうと考えまた鉄塔まで戻る。
今度は牧場方面とは反対側の王ヶ鼻って場所を目指す。

 

11:30 王ヶ頭からまた30分ぐらい歩いただろうか。王ヶ鼻に着く。
こっちはまた岩場に絶景。すごく眺めがいい。はるか向こうに雪山が見える。もしかして乗鞍岳か?これは雪だるま作れるかも!
また松本方面になるのか、町並みも遠くに見える。ああ、この景色は今朝、夢で見た景色だとすぐに気付く。まったく同じ見え方をしていた。

少し休んでから、ぼちぼち駐車場に向かって引き返す。

しかし、ここに来て、嫌な事に気が付いた。腕がひりひりしてきたのだ。
日焼けだ。日焼け止めはクルマに積んであるのだが、塗ってくるのを忘れた。
やばい。これだけ日差しがきついと、えっと言う間に真っ赤に焼けるぞ。腕を反対側に向けたりと無駄な抵抗をしながら駐車場に向かう。

12:08 車に乗り込み出発。とりあえず今日のメインイベントは終了。
後はどこを回ろうかと考えていたのだが、ガソリンがどーもやばい。
もうしばらく山でくつろぎたかったのだが、とりあえず松本まで引き返して給油する事にした。いや、その前に財布にお金が3000円ほどしかない事にも気が付いた。これはスタンドの前に銀行だ。

 

13:00 松本市街まで戻ってきた。ガソリンはまだもう少し50kmぐらい余裕がありそう。って、その前に銀行だ。車の止めれそうなキャッシュコーナーを探してウロウロ。やっと地方銀行の駐車場を見つけてお金をおろす。

13:30 ホテルのチェックインは3時からだし、3時になったらホテルに入って、歩いて松本城を見に行くのもいいかも。
そう考えナビで他に3時までに行って帰ってこれる場所はないものかと探す。何せ暑いから、涼しい山の方がいいのだが。でも山となると2時間ほどで帰ってこれるところと言えばやはり美ヶ原方面になるようだ。といっても多分美ヶ原に行く途中で引き返すことになるか?

まぁいいや、とにかく山で涼もうと考えまた別ルートからの美ヶ原方面への道を走り出した。
しかし、思ったよりもガソリンの残量を示す針が早く減ってる気がする。案外やばいんじゃないかという気がしてきた。
適当な距離でぐるっと一周して帰ってこれそうなルートを見つけて走る。

14:20
途中に木陰を見つけて一休み。木々の向こうに川があるのだが、草だらけで近づけそうにはなかった。
ここでつい昼寝をしてしまう。なんか京都に居る時と変わらない事をしている・・。
はたと気づくともう3時前だった。そろそろだと起き上がってまた出発。結構キツイ下りで一気に松本市街まで戻る。

と、ここで腕がヒリヒリしてる事に気づく。あ・・、また日焼け止め塗るのを忘れてた・・。慌てて運転しながらもクリームを塗り始めるが、多分もう手遅れだ。

15:30 とりあえず、今日のうちにガソリンを入れておかねばとスタンドを探す。
しかし意外になかなか見つからない何故だろう?
ナビで調べてみたら一番近いところでも2km近く離れた郊外が表示される。そんな事はないだろうと思いながらもとりあえずその郊外のスタンドを目指す。が、結局ナビで見つけたスタンドにたどり着く。リッター153円とちょっと高いが仕方がない。でも今回は計算すると燃費がリッター10kmを越えてた。普段通勤だけだと6km代なのだが・・えらい違いだ。

ところで、どうでもイイ話だが・・最近スタンドに入ると必ず「洗車はいかがですか?」と尋ねられる。どこのスタンドでも聞かれる。
今回長野に来てもやっぱりいきなり「洗車の方はどうされますか?」と聞かれた。

・・・・。
流行ってるのか?

いや、このクルマが単に汚れてるからだろう。雨が降ればきれいになると思っていたが、ここ最近、雨降ってなかったし・・(←洗車しろよ)

京都に帰ったらとりあえず洗車しよう・・。

スタンドを出て、コンビニに寄る。明日の朝食を買う。
明日は早起きして行く覚悟だから、ホテルの朝食はパスだ。
なんといっても乗鞍岳は前回行った時、すごい渋滞で途中で引き返した思い出があるからだ。今回も混んでるかもしれないから、早朝から出発する覚悟だ。
といっても7時だが。

16:10 ようやくホテルに着く。なんかフロントでビールの小ジョッキのタダ券がもらえた。
このホテルの上のビアホールで使えるらしい。
うーん、ホテルを出て松本城を見て、どっかで食べて帰るつもりだったのだが・・こんなもの出されたら・・・出かけるのが面倒になってしまう。ビール飲みたい・・。
ビール券VS松本城・・管理人の脳内で激しいバトルが始まった。

とりあえず、その前に部屋を確認だ。
昨日は負けてしまったが、今日は勝ちたい。窓から夜景が見たい!

おそるおそる部屋のドアを開ける。ちょっと古い感じのする部屋だったが、まあいい。外が見えさえすればいいのだ。
むむ、窓の方はわずかながら光が漏れてる。しかし昨日も漏れてたよな・・。
大きなカーテンでふさがれている窓。こっちの方向は玄関のある方向で、視界をさえぎるものは何もなかったはずだ。しかし昨日も何もさえぎる物はなかったはずだよな・・。
今回は5階だ。今日こそ外が眺められるはず!しかし昨日も3階だったよな・・。

迫るショックに耐えようと自問自答を繰り返しながら心の準備を整え、いざカーテンを恐る恐る開く!
するとなんと!すごいいい眺めではないか!やった!今回は当りだ!
思わず頬を伝う涙を拭う・・。

しかしまた腕がひりひりしてくる。??
・・・・。
むっちゃ西日が入ってきて、ムチャクチャ暑いではないか・・!!
・・・・。
とりあえずまたカーテンを閉めてしまう・・。

まぁイイ。日が暮れればまた開ければいいのだ。

  • 長野
    とりあえず松本へ
  • 長野
    山で昼寝
  • 長野
    今日こそは!
  • 長野
    外が見える!!

 

鏡を見ると鼻が真っ赤に焼けていた。赤鼻トナカイ・・フロントの人は絶対この赤鼻が気になってたに違いない。恥ずかしい。

なんかベットに横たわると起きれなくなってくる。松本城に行かなきゃなーと思いながらホテルの案内を見てると・・??
「8Fビアホール、バニーガール達があなたをお迎えいたします」とある。
今更バニーガールって・・なんだそりゃ。
でもまてよ・・。

ビール券にバニーガールVS松本城。
・・・・。

こうして、松本城は宇宙の藻屑となって脳内から消え去った。

昨日は混む前に行こうと早めに行ったが、みんな考えることは同じでムチャクチャ混んでいた。
だから今日はちょっと遅く行くことにした。先に風呂に入って8時ごろビアホールへ。

やはり読みは正しかったぞ。結構ガラガラだ。
お、真っ赤なバニーガールがいた・・。
窓際の眺めのいい場所に決めさせてもらって、ビールとあんかけ焼きそばとトマトサラダを注文。
なんだかとりあえず社員の一人にバニーガールのカッコさせといたみたいな・・そんな感じもしないでもないが・・。

今日もふらふらになって部屋に戻り、明日泊まる場所を決める。一応、乗鞍岳に行った後、富山まで行って一泊する事にした。一泊4000円のビジネスホテルを発見。予約する。
そのあと、
豆乳ミルクプリンを食べ早めに寝る。

明日は早朝出発。いよいよ8月の雪だるま作戦決行日だ!

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:119km
  • 出費(約):朝食500円、ガソリン7,500円、翌朝食300円、パン菓子等350円、宿泊6,500円、ホテル駐車場600円、夕食1,300円・・計約17,100円
  • 窓の外:夜景(1勝1敗)
  • 長野
    とにかく暑い
  • 長野
    久々の夜景だ

 

Pages: 1 2 3 4 

« | 長野の旅 | »


長野の旅 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA