長野の旅

長野の旅 2007年08月17日 21:51 Pages: 1 2 3 4

「管理人旅記録」は、旅先でのあやしひ出来事を中心につづった記録です。
こう言った話が理解し難い方は、すみやかにブラウザーの閉じるボタンを押し、現実に戻って「一瞬変なものを見た気がしたが、これは私の体調不良による幻覚だ!そうに違いない!!」と考え、コップ一杯の青汁を一気飲みして健康な自分を取り戻しましょう。

*枠のある写真はクリックすると拡大して見れます。

長野

今年の盆休みは、有休も利用して9連休!正月休みより長いぞ。
当初は四国に行って阿波踊りでも見ようと企んでいたのだが、前日の12日にネットで探しまくったが、どこの宿もホテルも満室状態。
いや、そもそも前日に宿を取ろうとすること自体が間違ってる気もするが・・。

で、急遽予定を変更して長野に行く事にした。やっぱりこんなに暑いと少しでも涼しいところに行きたい。甲信越の方なら少しは涼しいだろうと考えた。

長野と言えば、ずっと昔、友人と行った覚えがあった。
その時の記憶をたどると確か真夏なのに雪ダルマを作って車のボンネットの上に乗せ、どこまで解けずに行けるか、そのまま京都に向かって走った覚えがあるのだ。

そうだ、乗鞍岳に行って8月の雪だるまを作ろう!

と、考えたのだが・・。こんなに暑い日が続いてるのに雪なんて残ってるものなのか?
あの時はたまたまだったのでは?
確か10年以上前だし温暖化とかもまだマシだったからかも・・。去年の富士山さえ雪は残ってなかったぞ!?
そう考えていくと何か自信がなくなってきた。

とりあえず、雪が残ってるのかどうかだけでもこの目で確かめたい。そう考え、とにかく今回は乗鞍岳に行って雪ダルマをもう一度作る事を目標とした。
名付けて「8月の雪だるま作戦アゲイン」だ。

果たして本当に雪が残っているのか!?

 

2007年8月13日(月)「恒例の渋滞」

8:45 京都の自宅を出発。オドメーター81,202km。今日は一応昼過ぎまでに長野に入って、美ヶ原を見にいく予定。宿泊先は諏訪湖近くの塩尻と言う所のホテルにネットで予約済みなのだ。

京都市内は比較的すいていた。しかしこれは私もある程度予測済みだった。
なぜなら今日月曜はまだ出勤の人もいるだろうし、すでに休みの人は今日でなくても昨日か一昨日の土日に出るのが普通だろう。つまり今日出発すれば渋滞にハマる事なく比較的スイスイ進むと予測していたのだ。
このスイスイ計画がシナリオ通りに動き始めていたワケだ。完璧だ。しかし・・。

9:20 京都南インターから高速に入る。と、本線合流地点で全く予期せぬ光景を目にしてしまう!高速本線が渋滞してるのだ!バカな!そんなはずはない!!私の綿密なスイスイ計画がここにきていきなり破られるなんて!信じられん!
完全なる思い込みでまたしても渋滞情報など一切確認してこなかった管理人。また大失敗なのか?
とりあえずのろのろと合流。
電光掲示板には、栗東まで50分、10km渋滞と出ている。ヤラれた。今回も渋滞の旅になるのか?

10:10 まもなく栗東だ!渋滞も終わるぞ!しかし!ここで現れた電光掲示板には・・「竜王まで20分。3km渋滞」!?竜王とは栗東のちょい先。つまり渋滞の距離は短くなっているものの、ようは管理人の車は、渋滞と一緒に移動してると言う事になる!?
すでに管理人のスイスイ計画は宇宙の藻屑となって消え去ってしまった。

しかししばらくすると「まもなく渋滞解消」の掲示板を表示させてる黄色い作業車が路肩に止まっていた。そしてノロノロが段々ユルユルとなりスススとようやく流れが動き出した。
これでもう渋滞はないに違いない!

しかし!スイスイ走れたのもほんの2、30分だろうか。また渋滞の表示が!
カーナビでは1時半には長野の松本に到着と出ていたがそれが今は到着予想時刻2時・・2時半・・とずれ始めている。

11:00 米原JCTをようやく通過。ここから岐阜はわりと普通に走れた。しかしこれまた不吉な文字が電光掲示板に!
「多治見から恵那まで25km渋滞」
って25kmってなんだ!!その地名もまたどの辺かわからない。しかし、もうすぐ太平洋側の東名高速道と甲信越側の中央道とに別れる小牧JCTがあるのだ。果たしてどっちの渋滞だ?東名側の渋滞なら、こっちには関係ないから助かる!そうであってほしい!
そしてまもなく問題の小牧JCTを通過。中央道に入った。
さあ、もう25km渋滞の表示はこっちには出ないだろう!と期待に大きく胸を膨らませ、次にせまる電光掲示板に注目!むむ!?
「多治見から恵那まで25km渋滞」!!!
・・・・・。
中央道の渋滞だったらしい・・・。

もうだめだ。今日は夜までに予約のホテルに着けたらそれでよしとしよう・・。がっくしと肩を落とし、とりあえず疲れてきたのでパーキングに入ることにした。

11:40 内津峠パーキング着。ここでお昼に何か買うことにする。と、棚にまた怪しいものがあった。「ゴーヤチップス」・・・・・。ドライフルーツとある。ニガウリってフルーツなのだろうか?やっぱり苦いチップスなのか?気になる。でも525円とちょっと高い。普通のポテチが4袋買える。そんな冒険は私にはできない。
結局、カスタードパンとプリッツを買う。帰り際、出店にまた抹茶ソフトがあり、子供がおいしそうに食べてる。あ~抹茶ソフト・・。結局、抹茶ソフトとほかほかフライドポテトも買ってしまった・・。

しかし暑い。抹茶ソフトをどこで食べようかとウロウロしてるうちにどんどん溶けてきて慌てて食べながら歩く。結局、車に戻ってクーラーつけて中で食べようと考えるが、車に乗るころにはもうほとんど食べてしまった。

さて、ここで、この先どう進むかを検討。さすがに25km渋滞は耐えれん。
ナビで見たらとりあえず今日泊まる塩尻まであと170kmほど。だめだ。渋滞にかかったら下に降りて、一般道で向かおう。とにかくホテルに着けばいい。美ヶ原は明日にしよう。そう決心する。

12:05 パーキングを出発。
と、ここでラッキーなことが。
次にきた電光掲示板をみると渋滞が8kmに減ってるではないか!休憩してる間に解消されてきたのか?これならこのまま最後まで高速でいけるぞ!

  • 長野
    いきなり渋滞
  • 長野
    ちょっとマシになってきた
  • 長野
    PAにて。管理人の車は・・
  • 長野
    みるみる溶ける

 

14:00 ここで再び小黒川パーキングに入ってナビのコースを修正。今の調子だと15時過ぎにはホテルに着きそうなのだが、美ヶ原まで行くには時間的に微妙だし、手前の諏訪湖を見ていこうと考える。ルートを修正するとすぐに出発。

14:25 岡谷インターから高速を降りる。諏訪湖に向かって走る。見えてきた。
ところどころに車を止めれそうな場所があり、どこで止めようかなーと考えてるうちに・・??す、諏訪湖が道から離れていく!
しかも標識には甲府まで○○kmとの表示が!まてまてまて!このままでは東京に行ってしまうぞ!細い一本道で、ターンできそうな所も広めのわき道もない。
しかし私はただでは引き返さない男。標識を見てると「諏訪大社」とあるではないか!むむ!諏訪大社が呼んでいる。と、思ってるうちに諏訪大社も過ぎてしまった・・。
いい加減ターンしなくては、東京まで行ってしまう!

とりあえず少し車幅の広がったところを見つけて車を止める。一応、ナビでも諏訪大社を確認。間違いない。しかし、ここでターンするには狭い道だし、交通量も結構ある。
と、よく見たら目の前にコンビニがあるではないか。あの駐車場を利用してやる!
再び走り出しコンビニの前で、ここだ!と気合をいれ、あたかもこのコンビニで緑茶のペットボトルとじゃがりこを買いますよと言わんばかりの笑顔で駐車場に入り(どんな笑顔だ)、くるっと向きを変えて、また道路に出て逆方向に走り出す!
きっとコンビニの店員は、ハメラレタ!と叫んでいるに違いない!(←多分、気が付いていない)

諏訪大社までもうすぐだ。と、この先のY字の分かれ道をナビが右に進んでくださいと指示する。??
しかし右には進入禁止の標識が!そして左の道が一通で進めるようになっている。多分先でまた合流する道になってるのだろう。最近になって一通の交互になったのか?
かつて何度も道なき道を走れと指示してきたこのナビ。今回は一通の道を逆走しろと指示してきやがった。なんて冒険野郎なナビなのだ。付き合いきれないぜ(←単に型が古いだけ)。
とにかく左の道を進み、すぐに諏訪大社の駐車場を発見する。

14:55 諏訪大社着。結構古くて大きな感じの神社だった。歴史を感じさせる。何かで諏訪大社ってよく耳にする気がするのだが思いだせん。とりあえずお参りしようと思ったらポケットに1円しかなかった・・。小銭を車に忘れてきた。かと言って財布にある1万円を崩すのも気が引ける。
まぁ、1円を笑う者は1円に泣くと言う。ここは一つこの1円に気合を入れて賽銭する事にした。
お参りの後、ぐるっと見て回って、駐車場へ引き返す。

15:20 諏訪大社を出発。さて、今度こそ諏訪湖だ。
さっきの道は諏訪湖の南側を東に向かって走ってきたが、今度は北側を西に向かって走ってみる。
しかしまた車を止めれそうなところが何か地元の行事か何かの都合で進入禁止になっていた。

15:40 ようやく止めれそうなところを見つけて休憩。
風が涼しくて気持ちいい。やっぱり京都に比べるとだいぶ涼しいのでは?
波打ち際にカモのご一行を発見。

15:50 諏訪湖を出発。後はホテルに向かうのみ。

  • 長野
    再びPAにて
  • 長野
    諏訪大社
  • 長野
    歴史を感じさせる
  • 長野
    諏訪湖で休憩

 

16:40 ホテル着。むむ!?今回のホテルは周りに建物がほとんどない!!ということは・・。

こ、今回は、窓から景色が見れるぞぉ!!(←多分それが普通だと思うのだが・・)

毎回、旅記録恒例の窓の外チェック。
それは当サイトでは、出雲の旅から始まって、もう4年以上の長い戦いの歴史がある。
特に広島に関しては1勝3敗と言う無残な記録。しかもその1勝に関しても事前に「窓の外は壁じゃないですよね?」とフロントに確認した上での1勝なのだ。
他の土地とトータルで見ると8勝4敗。3回のうち1回は窓の外は壁なのだ。安いビジネスホテルばかり狙ってるから仕方ないのかもしれない、しかし!だからこそ真剣勝負になるのだ!!

今回泊まるホテルは一泊6,300円。まぁまぁだろう。これで外観を見る限り、周りに建物が無い。窓から景色が見れるのはほぼ確実。今回は勝利が予想されていた!

部屋は3階。微妙な高さだが、それはまあいい。景色が見えればそれでいいのだ。
ゆっくり部屋の扉を開ける。おお!比較的きれいな部屋だ。しかもテレビが液晶!そして窓から外の光が漏れている!これで9勝目だ!
私はなんの躊躇いもなく一気にカーテンを開けた!ざざざー!その時!目の前に信じられない光景が!!

窓の外は・・隣の建物だ・・!!しかも目の前に電信柱のオマケ付!?景色が見えない!?
バカな!周りに建物なんてなかったはずだ!しかし・・よくよく見ると、管理人の泊まった部屋の前にだけ隣の建物があるのだ・・!(TvT)
首を出して覗くと左右にはちゃんと遠くの景色が見えてそうだった。なぜだ~!!
これはどう考えてもワザと景色の悪い部屋を選んでるとしか思えない!
こ、今回もまた窓の外は壁・・。8勝5敗となった。悲しすぎる。

17:00 とりあえずホテルを出て、食べる所を探す事にした。しかしまわりには何もなかった。かろうじて大きな本屋があったので入ってみたら、エッチな本やDVD専門の店だった。ちょっと、今はそんなお金も心の余裕もないので、後ろ髪引かれながらもそそくさと出る。

結局ホテルに引き返して、ホテルのレストランで食べることにした。と、ここでもう一度ホテルの外観をチェックしてみた。たしかに管理人の泊まってる部屋のあたりに隣の建物が・・。
出来すぎだ・・。多分ウケを狙おうとしても、これほどうまい具合に窓の外が壁な部屋に泊まるにはホテル側と綿密な打ち合わせでもしないとムリだろう・・。
我ながら、これは一種の才能かもしれない。いや、特殊能力と言うべきか?

  • 長野
    窓に光が・・しかし!
  • 長野
    窓の外は電柱
  • 長野
    何にもない所
  • 長野
    ちなみに管理人の部屋は・・

 

17:20 混む前に食べに行こうと1Fレストランへ。しかし甘かった。
みな考える事は同じでもうすでに混み混み状態だった。とりあえず席につけたが、待ってる人もいて何だか落ち着かない。
ネギトロ丼とイカ下足揚げに生中を注文。
さっさと食べて気分が良くなったところで店を出る。また緑茶ペットボトルも買って部屋へ。

久々のビールにふらふらしながら風呂に入って、あしたの宿泊先をネットで予約。松本駅近くで1箇所見つけた。あとはさっさと寝る事にする。
電気を消す前に、思い出したようにちょっと窓の外を見る。何度見返しても、目の前は電信柱しか見えない。はぁあ・・。もう考えるのはよそう。

明日は美ヶ原だ!

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:381km
  • 出費(約):高速7,050円、昼食400円、菓子等500円、夕食1,600円、宿泊6,300円・・計約16,000円
  • 窓の外:電柱(1敗)
  • 長野
    諏訪湖の鳥達
  • 長野
    部屋にも鳥が・・

 

Pages: 1 2 3 4 

« | 長野の旅 | »


長野の旅 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA