奈良の旅

奈良の旅 2006年05月14日 18:15 Pages: 1 2 3

★今回の旅地図★

奈良-地図

初日は夕方から奈良へ移動のみ。
2日目は奈良公園や寺などを見てまわって昼から海側に向って移動。
3日目は獅子岩、大台ケ原から法隆寺をまわって京都へ帰った。

こうしてみると今回は地味なコースと言うか・・何か無駄に同じ道を何度も通ってるような気が・・。

 

2004年5月4日(木)「ひたすら並ぶ」

7時起床。5Fで朝食(600円)。5Fは結構眺めが良かった。客も結構いた。
昨日のお好み焼き屋のおっちゃんが言ってたが、最近は親戚の家や田舎に帰ってきても家に泊まらず、この手のホテルに泊まって済ます人も増えてるとか。
気を遣わずに済むからって事なのだろうか?ここの客もそう言う人が結構いたりするのかな。

エレベータの中で案内見てると2階から4階が客室。やっぱり予約は早い方が眺めのイイ4階の部屋から決められていくんやろなぁ。

8時出発。フロントで獅子岩を見に行くのに42号線をまっすぐと言う話を聞いたので、42号線をひたすら南に進んだ。天気はとてもよいみたい。

8時40分。道沿いに沢山並んだ鯉のぼりが見えてきた!昨日のおっちゃんが言ってたやつだ。
一緒に獅子岩も見えてきた。

とりあえず獅子岩を過ぎた所で車を止めて見にいく。砂利の浜辺沿いに歩いて獅子岩を見上げる。??何故か獅子と言うよりマントヒヒに見える。ヒヒ岩の間違い?見る角度が悪いのか?
ヒヒ岩を横切って鯉のぼりを見る。すんごい遥か向こうまで並んでるぞ。今の時期しか見れない光景なんやろなぁ。
しかしこの遥か向こうまで並んだ鯉のぼりが、今日の管理人の一日を象徴していたとは・・この時はまだ知るよしもなかった・・!

何気にここでまたちょこっと一休みしてから上の道路に出る。道路沿いに歩いてヒヒ岩を見ると・・ちゃんと獅子に見えた。獅子岩だ。

 

9時。獅子岩前を出発。今度は大台ケ原を目指して169号線を北に走る。
9時20分。途中、念の為給油する事に。なんだかひっそりとしたあやしひスタンドで、おばあちゃんが給油してくれた。

10時20分。大台ケ原の入り口に気付くのが遅くて通り過ぎてしまう!前後に結構車が走ってて、横道も無くてUターンするところも無い。しかも大きなグルグルの長いトンネルで360度以上まわってるぞ。仕方なくグルグルトンネルをやっと抜けて、ようやくUターンできそうな所を見つけて引き返す。
またこのグルグルトンネルを走るのか。目が回りそう。やっとトンネルを抜け再び大台ケ原への道を発見。右折して入る。
しかし入り口の電光掲示板には「大台ケ原駐車場満車」と出ている。って、まだ10時半ですぞ!一体みんな何時から来てるんだ。またこっからもムッチャ細くて長い道が続く。

11時過ぎ。ようやく頂上に近づいたのか、路駐してる車ずら~っと並んでるのが見え始める。駐車場には止めれずに皆ここに止めてるのか?ノロノロ走りながらもう少し進もうとも思ったのだが、どこかのスタッフらしき人に、ここより上はいっぱいだからこの辺りの道沿いに止めるように言われる。
と、聞きながらも少しでも頂上に近い所に止めようともう少し進むが、ホントに道路沿いにぎっしり車が止まってて、これターンするのも難しくなりそうな気がして無理せずさっさとターンして路駐する事にした。

そこから大台ケ原目指して歩く。横を調子よく2台ほど車が通り過ぎて先に進んでいく。やっぱりもうちょっと先に止めた方がよかったかなーと考えてると、なんと今度はその2台が、ずーっとバックで戻ってくる!げ!もしかしてUターン出来なくて戻ってきたのか?

さらに進むと観光バスが道を塞いでいた!どうやらカーブの所で道路の両脇に駐車両があってバスが進めないのだ。乗客はここで降ろしたようで、なにやら運転手が不機嫌そうにウロウロしていた。こりゃ大変だ。大人しく早めに車を止めて正解だった。

ここで一つ気がついた事がある。それは管理人以外、他の客がみんなリュックを背負って山登りの格好をしている事。あれ?あれあれ?何でみんな重装備なんだ?

11時10分。ようやく大台ケ原の大きなガレージが見えてくる。ここが大台ケ原・・。
そしてようやく管理人は気がついたのだ。

何も見えない・・。

そう、車で立ち寄って何かを見るというより、ここはハイキングコースのスタート地点・・。ここからあちこちハイキングでまわったりキャンプする所なのだ。こんな朝から車が満車なのは、昨日とかから来てる人もいるからって事なのではないか。
ようやく昨日のおっちゃんが言ってた意味が理解できた・・。
とくにここからではまわりも木が茂って眺めの良い所も何も無い。
うーん寝袋とテントは常備してるが、コンロやカップは今回持って来てないぞ。つーか今からハイキング始めたら、法隆寺も寄ってられなくなる。

そんな訳で大人しく引き返す事にした。いったいオレは何を期待してここまで来たんだ。言葉のイメージから勝手にいい眺めを想像して来てしまった。やっぱり旅は計画的に・・。そんな事を思いながらトイレに入ろうとしたらトイレも人が並んでた・・。

結局、大台ケ原までトイレだけしに来た管理人であった。

11時30分。大台ケ原を出発。気持ちも入れ替えて、次は法隆寺と中宮寺を目指して走る。

 

大台ケ原までの道の途中に、いくらか景色のいい所はあったので、適当に車を止めては一休み。
30分ぐらい走ってようやく169号線に戻ってくる。
まぁ今度ここに来る時はハイキングを目的に来なくては。

169号線をさらに北上。奈良方面に向って走る。また2時間近くノンストップで走る。
14時、ようやく法隆寺近くまで来た。しかしここに来てまたすごい渋滞に!法隆寺まであと1kmも無いのに遥か向こうまでずら~っと車が並んでる。ふと朝見た並んだ鯉のぼりを思い出す。
30分以上かかってやっと駐車場に入った(500円)。

14時45分ようやく法隆寺に入る(1000円)。まずは西院伽藍(さいいんがらん)を見てまわる。五重塔、大講堂と見て、金堂を見ようとしたところでこれまた行列が出来ていた。とりあえず並ぶ。ようやく金堂内部の釈迦三尊像を見る。飛鳥時代のものと言う事で仏さんの身体がホッソリしていて新鮮だ。今描いてる仏画も含めて平安時代辺りから仏像はみなふっくらしてるのだが、こっちのホッソリした方が確かに苦行を乗り越えたお釈迦さんって感じでピッタリなのかも。

西院伽藍を出て続いて大宝蔵院を見る。こっちも人は多いものの並ぶほどではなかった。色々歴史的なものが並んでる。

大宝蔵院を出ると今度は東院伽藍の夢殿に向う。しかしここでまた長蛇の列!遥か向こうまで人が並んでる!再び鯉のぼりを思い出す。夢殿ってナンダ?そんなにすごいものなのか?

由緒書きを読む。ナニナニ?
「聖徳太子の遺徳を偲んで、なんたらかんたらの建物が夢殿です。八角円堂の中央には、どうたらこうたらを安置しており、うんたらなんたらとして神秘的な雰囲気を漂わせています。」
うーん。よくわからん。(←だから読む気が無いだけ)

とにかく来たからには見て帰らねばと意地で30分ぐらい並んだ。しかしOさんは何でここを勧めたのだろう?
そういえば昔、Oさんが聖徳太子の時代、何かお香の元になる木に絡んで何かをしてた記憶があるとか聞いた事がある。
やっぱり前世がらみで何かを感じ取って欲しいと言うことか。確かにこの手の寺院は大好きだが聖徳太子については特に何も感じるものはないし・・つーか、これだけ人が多いと頭の中がごちゃごちゃして落ち着いてそう言った事を感じとる余裕が無い。
やっぱりこう言うところはシーズンオフに一人じっくり来て落ち着いて感じ取るのが一番なんやろなぁ。

ようやく夢殿の前に来た。中の仏さんを拝む。とりあえず満足。でも疲れた・・。んで後は、Oさんに言われていた中宮寺に向う。
ところが、中宮寺の前に来ると門が閉まっていた!
よく見ると閉門時間16時半。ただ今の時刻16時半。

・・・・。

ここまで見るのに2時間近くかかっていたのか・・。シーズン中やもんなぁ。人多すぎるもんなぁ。よく並んだもんなぁ。もうあきらめて帰る事にする。

またフツーの日とかに来てじっくり見よう。

 

16時45分、法隆寺を出発。あとは京都の自宅を目指す。

帰り道もまたもう渋滞だらけ。これまた遥か向こうまで車が並んでる。なかなか進まない。168号線をノロノロ進む。途中1号線へと入り2時間近くかかってようやく京都市内へ。

19時15分、自宅に帰り着く。オド71,646km。旅は終わった。疲れた。特に今日は並び疲れたぞ・・。そういや昼飯食うのも忘れてた・・。

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:276km
  • 出費(約):朝食600、緑茶120、駐車場500、拝観料1,000・・計2,220円
  • 主なBGM:尾崎豊全開(-_-;)
  • 奈良
    獅子岩の正しい
    見方です
  • 奈良
    法隆寺は人だらけ

 

旅を終えて・・。

今回もやっぱり渋滞見学に人混み見学。

しかし、意外なところで妙に縁を感じる寺「白毫寺」を発見できたのは、自分的には結構収穫だった。禅宗ではないようだが、何かと縁は感じられた。

 

今まで広島だと思い込んでたいくつかのイメージが、この寺で見つかったので、やっぱり前世の記憶っていくつもあるだけに時代的な収拾がつきにくいというのは、あらためて感じた。
白毫寺については、多分一つ前の前世ではなくもっと前の前世で坊さんだった時に縁のある寺ではないかとは感じている。
まぁ、その辺りの前世なら特に前世の日記とも関係ないし、そんな意識して調べる必要も無いからイイのだが。でも、まだ一つ前の前世とは無縁とも言い切れないし。
いや、それ以前に最近は体験の方が先に進んで、何だか前世の日記を探す意味合いも薄れてきてるのも確か。
つーか毎度ながら、こんなあやしひ話を旅記録に平気で書いてる事自体おかしな話だ・・と時々我に返る自分がいるのもまた今更ながら変な話だ・・。
ま、とりあえず今回の旅も適度な気分転換にはなったので、これで十分だ。

次回こそは・・普通に旅するぞ!(←ムリ)

  • 【3日間の全データ】
  • 全走行距離:547km
  • 全出費(約):宿泊費10,880、食費3,810、拝観料2,900、雑費2,510、ガソリン7,500(平均燃費9.5kmで計算)・・計約27,600円
  • 主なBGM:ヘイリー、フィリッパ、サラ、その他色々
  • 奈良
    馴染んでます
    トヨタRAV4
  • 奈良
    馴染んでます、OLYMPUS-C4100

 

Pages: 1 2 3 

« | 奈良の旅 | »


奈良の旅 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA