奈良の旅

奈良の旅 2006年05月14日 18:15 Pages: 1 2 3

2004年5月3日(水)「前世記憶検証」

朝7時起床。7時30分1Fで朝食をとる(600円)。トーストに目玉焼き、でかいウィンナーにサラダと、紅茶。客はオレ一人で貸切状態だった。泊り客は他にもいたっぽいし・・早起きしすぎ?そんな事ないでしょ。
8時10分ホテルを出発。ガレージの車に荷物だけ置いて、そこから奈良公園に向って東に歩く。

まず東大寺だ。大仏はもう何年ぶりぐらいだろう。門をくぐり大仏殿を見ると・・??何やら派手な色の大きな布で覆い隠されてる!工事中?いったい何があったんだ、教えてくれ!

手前に看板がある。ナニナニ?
「なんたらかんたらの儀式の為、ただ今、どうたらこうたらしており、うんたらなんたらで大変ご迷惑をおかけしております。」
うーん。よくわからん。(←読む気が無いだけ)

8時30分。大仏殿に入る(500円)。大概お寺の仏像は撮影禁止なのだが、ここの大仏さんは三脚は禁止ではあるが撮影はしてもいいのだ。
しかし薄暗くしかもデカイだけにフラッシュを炊いても光は届かず、炊かずに撮ってもぶれてしまってぼやける。手振れ防止機能が欲しいところだが、あきらめてじっくり見ておく。まぁ、何度見てもデカイですな。
歴史はよく知らんが手塚治虫の火の鳥の何巻だったか、大仏のお話があったと思うが、それを思い出してしまう。満足したら外に出る。
続いて春日大社でも見ておこうと思い、昨日買った観光雑誌のオマケについてた地図を頼りに東南方向にてふてふ歩く。

途中ひろ~~~い原っぱ。
天気もイイし気持ちよくてホント思いっきり寝っ転がって昼寝がしたいところだ・・。しかし今は時間が無い!昼までにザッと見て例のあやしひ寺も検証して駐車場に戻らねば。

途中、鹿軍団にからまれる。
「よぉよぉ!兄さんよぉ!ちょいとばかしエサ出してくんねぇか?持ってんだろ?丸くてパリパリしたやつをよぉ!痛い目に遭いたくなけりゃ、さっさと出しな!」
「エサなんて持ってません!変な言いがかりは止めてください!」
小走りに逃げる管理人。

  • 奈良
    何か覆われてる
  • 奈良
    大仏様
  • 奈良
    あ~昼寝したい
  • 奈良
    エサは持ってません!

 

今度は鯉軍団にからまれる。
「魚だからってナメてんじゃねーぞ!さっさとエサまけよ!飛んでいいのかぁ?飛ぶぞ、コラァ!マジ飛ぶぞ!」
小走りに逃げる管理人。

9時過ぎ。道路を横切り、ようやく春日大社に辿り着く。もしかするとこっちは初めて来たかもしれない。 軽く参る。門前には沢山の石灯籠があり印象的。この石灯籠・・灯籠なんだから夜に灯を燈したりしないのだろうか?これにみな火が点いたら結構幻想的で綺麗やろなぁ。

さて、今度は問題の白毫寺を目指すのだ。ここから更に東南の方向にてふてふ歩く。
途中山道がありちょっと迷いながらも地図と一生懸命見比べ進んでいく。
山道を越えたかと思うと今度は民家を横切る。30分ぐらい歩いただろうか。新薬師寺と横切って、さらに迷いながらも、ようやく白毫寺の看板が見えて来た!

入り口の階段を見つけて登り始める。一旦左に曲がってまた右に曲がり、ここで見えてくる石の階段の先に、昔スケッチしたシーンとそっくりの山門が見えてきてビックリ!
いや、これも山のお寺にはよくある風景なのかもしれない、でもホントにピッタリとイメージ通りなのだ。

ここは前世で関わっていたかもしれない・・。

戦時中の生とは違うかもしれない。もっと昔の江戸時代とかかも知れないし、ハッキリとは分らないが、来た事のある場所っぽい。

  • 奈良
    鯉の季節
  • 奈良
    春日大社!
  • 奈良
    山を越え民家を越え
  • 奈良
    白毫寺発見!

 

9時50分。山門をくぐって受付へ(400円)。ここで本堂の前に来てまた驚くことが!
本堂の入り口の階段を上ったところで右を向くと、その目に入る風景が、また以前瞑想中に見たものでスケッチしたものの一つに非常に雰囲気が似てるのだ。
そういえば、その瞑想時は本堂の中央に2mぐらいの大きな大日如来っぽい仏さんの坐像があり、その仏像に向ってお経を上げていたのか、座禅を組んでいたのか、とにかくよく仏像の前に座ってたイメージがある。

しかし今、目の前にある本堂は扉が閉まっており中が見えない。ここがもし前世で居たお寺ならこの本堂の中の中央に大日如来の坐像があるはず!

と、左手に本堂に入れる小さな入り口があった!
中が見れるぞ!

高鳴る胸を押さえ、そっと入り口に近づく管理人。この中に2mぐらいの大きな坐像がきっとある!そうに違いない!きっとここが前世で居た寺なのだ!

2mぐらいの大きな坐像が・・!
2mぐらいの大きな坐像が・・!!

入り口をくぐり本堂の中央に目をやる管理人!
そこで管理人の見たものは!!

あった!そこには確かに仏像があったのだ!

しかし・・。

それは50cmぐらいのちっちゃい仏像だった・・。

・・・・!!
仏様がちっちゃくなってる~~!(←ちがう)

がっくしと、なで肩を降ろす管理人。ここではなかったのか??
いや、まて!こんなに小さいご本尊の仏像のわりに置いてるスペースがやたらデカイ!
つまり、昔は大きなご本尊があったけど、何らかの理由で、この小さい仏像に置き換えられた可能性がある!

そう考えながら本堂を出ようとすると、何やら広島原爆の反核運動か何かの署名のチラシがあった。
ここの住職さん、原爆と何か関係があるのだろうか?ますます縁を感じる。思わず署名する管理人。

本堂を出て、お寺を一周する。と、本堂の裏に比較的新しい建物があった。
靴を脱いで入るような所で、中は照明でいくつもの仏像が置かれていた。

そして、管理人は見つけてしまった!これだ!
そう。そこにはイメージの中にあった2mぐらいの大きな大日如来の坐像があったのだ!

いや、違う!大日如来ではなく阿弥陀如来坐像だ!大きさも2mはちょっと大げさだったが、イメージにはホント近い。古い仏像で、もしかしてこれが、さっきの本堂に元々置かれていた仏像なのではないだろうか?
だとしたら非常に前世のイメージにぴったりと合う。

また左横には地蔵菩薩像があった。地蔵菩薩は、うちのお母んについてるとOさんに教えてもらった事もあり何かと縁を感じる仏さん。その横に閻魔王坐像があった。閻魔王の仏像・・多分初めて見るぞ。
うーん。なんかよく分らんが、ここの仏像はどれも興味深い。
ハッキリとした確信にまでは至ってないが、非常に縁を感じるお寺だ。

建物を出た所で、眺めの良いところがあり奈良市内が見渡せる。その風景がまた以前瞑想中にスケッチしたもの雰囲気が似ている。なんか広島では?と思っていた記憶がひょっとしてここでは?と言う気もして混乱。
と、何気にボーっと眺めてて、ふと気がついた。このお寺の由緒書きを受付でもらったのに、まだ全然見てなかった。

見てみる。ふむふむ。
ほお!やはりあの阿弥陀如来像は、ご本尊だったようだ!

とりあえず管理人的に気が済んだところで、山門を降りる。
やっぱりここだったかもなぁ。何だか今日はこの白毫寺を訪ねられただけで満足だ。
この寺は、とてもあやしひ縁を感じる。ここにはまたあらためて来よう。
さて、駐車場にはお昼までの約束で止めている。そろそろ急いで戻らねば。

 

10時20分。戻る途中にある新薬師寺にも寄っていく(600円)。紅葉と桜が混在していた。確か今の時期、高野山もそうだったなぁ。本堂に入って薬師如来坐像と十二神将を見てまわる。
特に前世がらみで出てくるものは無く、ざっと見て出発。奈良公園方面に向って歩く。

11時。緑茶のペットボトルを1本買って途中の池でちょっと休憩。家族連れがボートに乗って楽しそうにしてる。さらにてふてふ歩く。ホントに今日はイイ天気で暑いぐらいだ。途中の原っぱでまた休憩。

ゆっくりしてからまた歩く。途中ちょっと道に迷う。気が付いたらもう11時半!残り30分で駐車場まで戻れるよな?そんなに遠くないはずなのだが、地図を見ても今どこにいるのか分からない!近くに案内地図看板を見つけて手持ちの地図と見比べる。それでもよくわからない!
いや・・見比べているうちにようやく分ってきた!駐車場と逆方向に歩いていた!!
やばい!慌てて来た道をまた引き返し急ぎ足で進む。
しかしまぁ、昼になるともう人多すぎ! 残り15分!
やっと見覚えのある道に出た!急いで駐車場に向う。

11時50分。ようやく駐車場まで戻ってこれた。良かった~。しかしまぁ車も多い事。今度は駐車場の前で渋滞していて、なかなか出られない。昨日のうちに来ておいてホント正解だった。
何とか脱出して369号線を進み、次は予定に入れていた円成寺(えんじょうじ)に行ってみる事にする。

 

12時過ぎ。円成寺に着く。綺麗な池を通り過ぎて石の階段を登り受付へ(400円)。ここで仏像、仏画をじっくり見てまわる。
本堂に進むとここも白毫寺と同様に本堂前の雰囲気が、瞑想中に見たものと似てはいるのだが、まぁ、どこのお寺も似てるっていやぁ似てるしなぁ。でも、堂内に入ると自分の中にあるイメージとは違う。やっぱりさっきの白毫寺のイメージが特に近い気がして仕方が無い。
な、なんかすっかり今回は前世探しの旅になってきたぞ。

12時30分。円成寺を出発。369号線からまた奈良公園方面に向う。途中、車を止めてちょっとこれからの予定を検討。
当初これから法隆寺に寄るつもりだったのだが、多分この車の多さでは寄ってるとすぐ夕方になってしまう。オレとしては今日は海の近くで泊まって、明日大台ケ原とかあっちの山奥の方に行きたいと考えていた。

そんな訳で、法隆寺は明日京都に返ってくる時に時間があれば寄る事にして、今日はこれから海の見える方面を目指す事にした。
で、早めに今日泊まるホテルも決めようと考え、仮に熊野市に決めてまずは1件電話をしてみる。と・・なぜかFAXになっていた。がっくり。
しかし今の時点では到着時刻も予想つかないし、予約はやっぱり夕方でいっかと考え直しそのまま走り出す。

奈良公園手前でうかつにも渋滞にハマってしまう。しまった!曲がる道も無くしばらくノロノロと20分ぐらい渋滞の中を進む。やっと横道を発見し渋滞路を脱出。奈良公園を避ける形で南へ。続いて169号線に入りさらに南に進む。

市街を抜け田舎道となる。三輪神社の大きな鳥居が見える。昔行った事があるが、また機会があったら行きたい。しかし今日は寄らずに海を目指すのだ。

14時。山道に入る手前でコンビニに寄る。パン二つと菓子とカフェラテを買って、駐車場で食べる。
ここからは169号線をまっすぐ走り続ける。適度なスピードで長~い山道をひたすら走る。
途中、やたら長いグルグルトンネルを抜けた所で、明日の目的地である大台ケ原に入る道があった。横目に通り過ぎる。
大台ケ原は年中天気が悪く晴天はなかなかないという話を昔聞いたことあるが、たしかにこの付近に来ると雲が広がっていた。山を越え川を越え。やっぱり自然の中を走るのは気持ちがイイ。2時間以上ノンストップで走る。

16時30分。熊野市の手前でアンテナが届くのを確認してから車を止める。
ここで今日の宿探しだ。
まず1件目・・満室だった。2件目も満室。熊野市全滅。つーかこのホテルガイド2件しか載ってないし・・。続いて尾鷲市に変更して3件目に電話。満室。
尾鷲市もあと1件で全滅だ。やばいこれ以上範囲を広げると、明日行く予定の大台ケ原からさらに遠のいてしまう。こうなったら久々に野宿か!?頼むから次の1件で決まってくれ~。そう念じながら運命の4件目に電話。シングル一部屋空いていた!今回もギリギリだった。助かったぁ。

17時。尾鷲市のホテルに着く(5000円)。オド71,370km。

さて、今日の宿は外が見えるのか?しかし手渡されたキーを見ると208号室・・部屋は2Fらしい。眺めは期待できないな。まぁそれでも外が見えればよしとしよう。

思えば、長い戦いだった。
泊まる度に窓の外は壁と言う屈辱的な旅が続いただけに、窓の外にこだわるようになってしまった。いいじゃないか!宿の窓は旅人の心の窓なのだ。
その心の窓を塞がないでくれ。これ以上閉ざされたらオレは生きて行けない。
さあ、オープンザマイハート!

部屋のノブに手を掛け、一気に扉を開ける!

おおっ!
開いた部屋の奥からあふれんばかりの眩しい光が!外が見える!それも全面窓だ!素晴らしい!
これほど大きな窓の部屋は初めてだ!

しかし・・

あのぉ・・なんか2階だけに、隣の家が丸見えなんですけど・・。
しかもベランダになってるのか?これ窓開けたら、外出れるやん。
これ隣の部屋とか覗けるんちゃうん?つーか覗かれるんちゃうん?
なんか落ち着かないんですけどぉ。

結局カーテンを閉めて電気をつける管理人であった・・。

【完】
(また16行も無駄にしてしまった・・)

  • 奈良
    円成寺です
  • 奈良
    海の街へ
  • 奈良
    デカイ窓!
  • 奈良
    み・・見え過ぎて困っちゃう

 

17時30分。とりあえずちょっと休んでからホテルを出る。駅に向かって歩く。しかしフロントで聞いたのに駅が見つからない。
むむ?食べれる所もなーんか中の様子がわからなくて営業してるのかどうかもよくわからない入りづらい店ばかりだ。入りやすそうな店といえばコンビニぐらいか。

やばい。これ食べるトコ見つかるのか?
むこうにジャスコが見える。あっちの方に行けば店があるかも・・。
しかし無い。やっと軽食が出来そうな店があった!しかし中は見えるのだが客が一人もいない。それも何だか入りづらいぞ。

結構歩いた気がする。ふとお好み焼き屋の案内看板が目に付く。この辺りのお好み焼きってどんなのだろう。とりあえずそこを目指しながら店を探す。その店も入りにくそうな感じだったら引き返して車で探そう。そう決めて店を探す。

なんか普通の民家の中に店を発見。やっぱり中の様子もわからない。でもとりあえず看板の電気が点いてるから営業してるのは確かっぽい。

うーん、よしここに挑戦してみよう!
勇気をもって入ってみる。家族連れの客がいた。おお!客がいる!大丈夫かも(笑)

とりあえずチーズお好み焼きとやっぱりビールを注文。
カウンターに座ると店のおっちゃんが何だか人が良さそうだったから、つい話しかける。
今日泊まったホテルを言うと、そんな遠くからよく歩いてきたものだとビックリされた。
他にも店はあったでしょ?と突っ込まれるが・・。いや、店はあったけどねぇ。なーんか営業してるのかどうかもわからないような店が多くて入りにくかったからなぁ。
なんて言うのもこの街に失礼な気がして笑ってごまかしておく。

そこから色々観光の話になって、聞けば大台ケ原は何にもないよ言われてショック。
名前からして広くて眺めが良さそうなところを想像してたのだが、山登りの人の為の所というか山好きの人にとってはいいかもしれないけどねーとの事。
それより獅子岩とか、今なら鯉のぼりが沢山およいでる所があるとか、尾鷲市も以前はドラマで使われた情緒ある所があったとか・・。何だか色々観光どころを教えてもらった。

18時40分。ぼちぼち客が増えてきた。おっちゃんも忙しそうになってきたのでそろそろ出る事にする。肝心のお好み焼きはモチモチした感じで京都とはまた違った感じで結構おいしかった。
近くに来たときはまた食べに来るとおっちゃんに約束して店を出た。

広島とか奈良とかだとそれなりに美味しくて満足度も高いのだが、こういうちょっと田舎の小さな店はこれはこれで店の人が優しく接してくれるので楽しい。
確か去年の居酒屋のおばちゃんもこっちの方の海沿いの街に泊まった時だったもんなぁ。

19時、ホテルに戻る。日本昔話を見て日記を書いてシャワーを浴びて寝る事に。
明日はちょっと、おっちゃんの教えてくれた鯉のぼりを探してみよう。

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:222km
  • 出費(約):朝食600、拝観料1,900、昼食360、宿泊5,000、夕食1,000、缶緑茶2本270、・・計9,130円
  • 主なBGM:フィリッパとヘイリー
  • 奈良
    とにかく今日は
  • 奈良
    天気よすぎ・・暑いぐらい

 

Pages: 1 2 3 

« | 奈良の旅 | »


奈良の旅 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA