奈良の旅

奈良の旅 2006年05月14日 18:15 Pages: 1 2 3

「管理人旅記録」は、旅先でのあやしひ出来事を中心につづった記録です。 こう言った話が理解し難い方は、すみやかにブラウザーの閉じるボタンを押し、現実に戻って「一瞬変なものを見た気がしたが、これは私の体調不良による幻覚だ!そうに違いない!!」と考え、コップ一杯の青汁を一気飲みして健康な自分を取り戻しましょう。

*枠のある写真はクリックすると拡大して見れます。

奈良

今回は色々野暮用も連休中とびとびにあって、出かけられるのは3日と4日ぐらい。特に目的も無いので、最近出かけてない方向で近くで簡単に見れるところはないかと考えて奈良に行く事にした。

って、ほんま日帰りで行けるやん。

まぁ、奈良と言えば大仏だし。今進めてる仏画の参考にまた仏像、仏画を探してまわるのもイイかも・・と、考えた。

しかしここでGWと言えば、渋滞と人混みで散々だった高野の旅を思い出す。 同じ過ちは繰り返したくない。今回は失敗しないスイスイスラスラ流れる水のごとく旅する事を目標にしっかり作戦を立てたいものだ。

ここで考えたのは一番混むと予想される5月3日を避けて前日の2日に有休をとって一足先に出発する作戦だ!
2日昼から奈良に行って泊まり、3日は奈良を見て4日はどっか山の方に行って自然と戯れてから帰ってこようと考えた。

とまぁ、今回はそんなどうでもいい様なミニ旅になるはずだったのだが・・、奈良に行ったとたんちょっとしたきっかけで旅の目的が急変!またしても前世に絡んだエピソードが・・!

それはいったい!?

2004年5月2日(火)「奈良が呼んでいる」

うちの会社は暦通りなので、今日から有給をとって旅に出かける事にした。
別に取らずに明日からでも良かったんやけど、みんなが働いてる日に遊びに出かけるほど気持ちの良いものはないだろ。わはは。・・あ、つい本音が。

と、今日はお昼に京都駅の方でちょっとOさんと話す約束もしていたので、その後そのまま夕方を目処に京都を飛び出し奈良に向う事にした。

10時20分に自宅を出発。オドメーターは71,148km。近くでガソリン給油後、11時前京都駅近くの100円パーキングに車を止めてOさんと合流。雨も降りそうだったので、近場の店で昼食も兼ねて話す。
ここで、今日これから奈良に行く話をしたところ、Oさんに法隆寺と中宮寺に立ち寄って感じたものを聞かせて欲しいと言われる。
何で?何があるの? 詳しくは教えてもらえなかった。まぁ、でも前世に関係する事だろうなぁとは思った。
この日、Oさんと会ったのは、別でまたあやしひ目的があったのだが、これまたやっぱりここでは書けない内容なもんで省略。 15時前には店を出てOさんと別れた。

15時30分。京都駅を出発。奈良に向かって24号線をまっすぐ進む。夕方の通勤帰りの車か、そこそこ混んでいた。天気は良く夕日が眩しい。

17時10分。奈良市に入ったところで道沿いのパーキングに車を止めて今日の宿探しを始める。
とりあえず奈良公園近くで探し始める。1、2件目は満室で没。3件目はホテル自体無くなってて、4件目で確保。奈良公園も歩いていける所との事。よしよし。パーキングを出発してホテルに向って走り出す。

17時55分。ホテル提携のガレージを見つけて車を止める。オド71,197km。
奈良公園が目の前なので、このまま車止めて明日の午前中、奈良公園をまわろうと思い、明日の昼まで駐車延長をお願いした。1500円でOKとの事だ。よし、これで昼まで鹿と戯れるぞ!

18時ホテルにチェックイン(5880円)。商店街の中にある小さなビジネスホテルだった。
さて今回は部屋から外が眺められるのか?毎回これが大きな問題となるのだ。油断すると窓を開けたら隣のビルの壁なんて事がたびたびだからだ。何だかこれが今日のメインイベント?
部屋は4階。外が見えればそこそこ眺めは良いはず!

恐る恐る部屋の扉を開ける。
む?窓側のカーテンから光が洩れている!外だ!この窓からは外が見えるぞ!
そう確信してカーテンを引く管理人!
カーテンは優雅な弧を描きながら左に流れ、すりガラス越しに夕日の光が差し込んでくる!

管理人は満面の笑みを浮かべながら、その窓のロックを解除。ガチン!
さらに左側の窓を右へとスライドさせる。ギギッ!
一瞬引っ掛かりのある窓の動きが建物の古さをうかがわせる。築20年ぐらいだろうか。いや、今そんな事はどうでもよい!
夕日に照らされ、町並みが逆光でシルエットとなり管理人の目に飛び込む。
外の見える窓と言う素晴らしさ。管理人の目に涙が光る。

美しい・・。

【完】
(また12行も無駄にしてしまった・・)

部屋は狭いが机がなかなか仕事しやすそうな机だ。って別に仕事しないけど。
しばし窓からぼーっと外を眺め、早速ホテルを出てぶらつく事にする。

  • 奈良
    奈良に向って・・
  • 奈良
    宿探し開始!
  • 奈良
    光が洩れている!外だ!
  • 奈良
    夕日が眩しい

 

商店街を南に進む。今日の晩飯はあの男に任せよう。・・と決めたのは、カバンに傘を挟んでいる一人の若いサラリーマン。
明日から連休で田舎に帰るし今日は定時で帰れて、家に帰って飯を作るのも面倒ってなわけで、今日は外で食べよう・・。そんな彼の心の声が聞こえてきそう。
地元のサラリーマンなら美味しい所も知ってるだろう。名付けて「晩飯は地元サラリーマンに聞け作戦」だ。早速さりげなく彼の後を追ってみる。

しかし 商店街で食べるのか?と思いきや、商店街を抜け彼が一人で入ったのは居酒屋だった。うーん、居酒屋か・・今日はちょっとそこまで贅沢はできんなぁ。
仕方が無い。もう一度商店街に戻り作戦は変更。ふと「びっくりうどん」と言う看板を見つける。
むむ? なにかと面白いネーミングに弱い管理人は今日の晩飯をここに決定。
何も考えずに入ってしまった。

カツ玉定食(750円)とビール(500円)を注文。客は他に女性二人がいるだけだったが、料理を待ってる間、一人また一人とひとり者の客が増える。確かに値段も手ごろでふらっと一人で入るにはいい店かも。
定食のほうは、カツ玉とうどんとご飯に漬物。値段のわりに量も結構あってなかなか美味しくて、こりゃびっくりうどん!

いい気分になったところで商店街をぶらぶらしながらホテルに向う。途中本屋で奈良観光ものの雑誌を立ち読み。
仏画の参考にと言っても具体的に明日回る所も何にも考えてなかったので、ちょっと調べてみようと思った。

ちなみに仏画の方は来年、習ってるお寺で展覧会があり、そこで生徒さんの作品も展示してもらえるそうで、それに向けて気合入れて進めているところ。つーかもう2年ぐらいかかってるかも?時間かけすぎ?
まぁ、家ではホントほとんど描く時間が無くて、お寺に行ってる時だけ進めてるようなもんだし。しょうがないね(←言い訳)。

一応今回、仏像、仏画があって人混みの少ない落ち着いた寺とか見れないものかと思い、少し街から外れた「円成寺」と言うお寺に行ってみようとチェックは入れていた。あとは奈良公園で鹿と戯れることぐらいしか考えてなかった。

と、雑誌をパラパラめくってて、ふと、ある小さな写真に目が止まる。何か見覚えのある風景・・。むむ?石の階段を登っていった先に山門のある風景写真・・その写真に釘付けになる。

それは昔、瞑想中に見た前世のイメージの一つにあった風景にとてもよく似ていた。いやイメージそのものと言ってもイイぐらい似ている!多分家に帰れば、スケッチブックに描いたイメージイラストが残ってるはず。
これは前世に関係のある寺ではないのか?・・・。そうかも知れない!しかも奈良公園からそんなには離れていない。午前中に歩いてでも行って帰ってこれるはず!
とりあえずその観光雑誌を買ってホテルに戻る。

ホテルに戻って、もう一度その寺の写真をじっくり見る。いや、お寺の風景としてはよくあるのかもしれないのだが・・でも引っ掛かる。そういや、確か一昔前参加した体脱セミナーの時も「奈良」「禅宗」「お寺」と言うキーワードが出てきた。でもこのお寺が禅宗のお寺かどうかはよくわからない。また閻魔王坐像を安置しているとあり、閻魔王の像ってそうそう見た事ないし、この辺りも何だか魅かれる。
そんな訳で明日は奈良公園と、このあやしひ縁を感じる寺・・白毫寺 (びゃくごうじ) に行ってみる事にした。

ただの鹿戯れ旅行のはずが、ここに来てまた前世探しの旅となる。
果たして明日、管理人は何を目にするのか!?

  • 【本日のデータ】
  • 走行距離:49km
  • 出費(約):夕食(定食、ビール)1,250、宿泊5,880、駐車場1,500、お茶1本120・・計8,750円
  • 主なBGM:ヘイリー
  • 奈良
    今日は移動のみ
  • 奈良
    窓から夜景が見えるぞ

 

Pages: 1 2 3 

« | 奈良の旅 | »


奈良の旅 はコメントを受け付けていません。

【コメント&トラックバック】

Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA