日本-平安

ヒプノ体験-平安時代編 2009年02月24日 23:36

ヒプノの学校での最後の練習セッションでの話です。

ヒプノでは、目的を明確にしておく事でより明確な体験を得られるとも言えるのだが、この最後のセッションでのテーマは、自分がこれから独立するにあたって、一番成功した過去世を見ると言う目的でセッションを受けた。
目的を果たす為に自分にとって最も得意な手段と言うものを知って今世でも生かそうという訳だ。

で、誘導で過去世に入って最初に見えてきたのは、どこかの野原で自分はまだ子供っぽい姿。自分の姿をジックリ観察していくと・・。薄茶色の張り合わせた様な衣装で半袖のひざまでの着物。

??おかしい・・。

一番成功した過去世を見に来たはずなのに、自分は貧しいボロボロの服を着た子どもの姿なのだ。
何か予想外で、ちょっとビックリ。
友達と枝を振り回して草っぱらで遊んでいるイメージだった。

時代は大昔の日本・・。ここで多分平安時代辺りではないかと感じる。
しかし、自分が元々持ってる記憶の中の平安時代は貴族だったはず・・。また少し時代のズレる平安時代前後なのだろうか?
でも、何か意味があるから出てきたイメージだろうと、そのまま誘導に従う。

  • ヒプノ体験-平安時代

心の中を覗くと、無邪気に遊んでる10歳前後の男の子の様ではあるけど、何か落ち着いてると言うか、頭の中が大人びてる様な「何か企んでいる」と言う感じが伝わってくる。周りに合わせて子供の振りをしてる様な、そんな変な感覚も伝わってきた。

次に出てきたシーンは、何か宮中と繋がりのある炊事場の様な所。自分は10代前半ぐらいか。どーも貧しい自分は、その炊事場で、あまりものの食べ物とかを分けて貰ってた様な感じだ。
お手伝いさんの様な人達の中に混じって、食べ物をもらうお礼としてだったのかもしれないが、占いの様な霊視の様な事をして大人達を驚かせてるシーンだった。
ここで、自分が何を企んでいるのか何となくわかってきた。
この時どーも自分は自分の霊感を利用して何とか宮中に入り込んで地位を得ようと企んでいる様な感じだった。
この炊事場にさり気なく入り込んで、自分で噂を広めようとしている感じがわかる。
周りに人が集まるようになって、やがて自分の噂が宮中に広まっていった様だ。

  • ヒプノ体験-平安時代

次に重要なシーンに誘導されると、今度はすでに帝の様な偉い人の隣でやはり占いを兼ねた相談役の様な事をしていた。
まわりにも沢山の貴族の様な人達が居て、自分は10代後半からか20歳ぐらいか。自分も、もう貴族っぽい衣装を着ていた。
ここで感じたのだが、この帝の様な人を自分は過去世で会っている事を知っていて、それでこの帝さんに近づきたかった様だ。

***************
ちなみに、ヒプノでなく以前に夢で見たシーンの話だが(前世経歴でも書いたが)、平安時代で上記の帝さんと並んで宮中を歩きながら「私は前世でもあなたとお会いしてたのですよ」と話し、帝さんは「おもしろい事を言うのだな」と答える。
そんな結構リアルな夢を見た事があるのだが、この台詞の中の前世と言うのはギリシャ時代を指していて、その時もこの帝さんはやはり国を治める王の様な立場で、自分は哲学者の様な感じで出会っていた記憶があるのだ。
つまり、この平安時代でも自分は、すでに前世の記憶を持っていたっぽい。

また、これは以前瞑想中に出てきたイメージだが、この時代私が深く関わってたのは古神道っぽくて、多分、天津金木と言われる占術道具を使ってたっぽいイメージがある。
天津金木は木で出来た棒状のもので何本かを使って占う。それは単純に過去や未来を占うだけでなく使い方によっては宇宙の真理を垣間見れる様な、ちょうど西洋のタロットの様な奥の深い占術道具なのだ。
宮中の数人について来てもらって、山で力のある木を探して、敬意を払う意味なのか何か儀式の様な事をして、木を切り倒して持って帰り、その木から削りだして天津金木を作って、ずっと使うようになった様なイメージがあるのだ。

また、これも以前からある記憶だが、人に修行を指導したりする事もあったみたいで、この修行者の中に「霊能者」の記事で書いてるNさん親子のお母さんの方がいる感覚がある。また、うちのお婆ちゃんともこの時代に会ってて、十二単の様な着物で琴を弾いてるイメージがある。
その名残なのか、うちのお婆ちゃんは今世でも生活感覚がとにかく贅沢(笑)。他にもホント、この時代に会ってる人は、今世でも友人知人に多い。先日辞めた会社でも、一緒に仕事する事の多かった営業部長が、やはりこの平安時代、私の霊感をうまく利用して出世していった記憶が出てきた・・笑
***************

そんな感じで、怪しい力で貧しい暮らしから一気に貴族にまでのし上がっていった様だ。
かなり若くして出世した様だし、確かにそういう意味では一番成功した過去世になるのかも知れない。

  • ヒプノ体験-平安時代

が、これって信長の時の前世と似たパターンと言う気もしないでもない・・。
とにかく、この頃の自分は帝さんの横で国の行く末や、政治がらみの重要な事を見る傍ら、宮中の色んな人の個人的な相談にものっていた様な感じだ。
時代が時代だけに女性の立場が難しくて、怨霊だの生霊だの、そんな類のものの解決に一番忙しかったイメージもあるが、陰陽師の様なそんな派手なイメージでもなく、あくまで人間主体で相談役になっていた・・そんな感じがする。

しかし、この時代の自分の気持ちにフォーカスしてみるのだが、どーも心は妙に寂しい感じが伝わってくる。
地位や名誉も得てるのに心は何か寂しさの様なもの感じる。
何か・・例えるなら・・自分は違う世界にいて、本当の自分を理解できる人が、ここには居ないと言う様な・・そんな妙な孤独感だ。
また帝の方の心を覗いてみると、私に対して頼りにはなるけど得体が知れない様な、そんな感じが伝わってくる。

あんまり幸せではなかったのだろうか?
ここで次に一番幸せだったシーンに誘導される。

そこでは自分は庭先でボール遊び?蹴鞠?で遊んでる娘を見ながらホッとしてる感じだ。左隣には奥さんがいて3人でくつろいでるシーンだった。
理解してもらえないと言う孤独感は変わらないものの、この奥さんは、ただ側で見ていてくれると言う、一緒にいてとても安心していられる女性だった。今世では出会ってない。
何か、人の暮らしと言うものも悪くはない・・。そんな気持ちが伝わってくる。

  • ヒプノ体験-平安時代

次に誘導されたシーンでは、自分は一人何か研究に没頭していた。20代後半か、30才前後か・・?
先ほどの奥さんは、自分に対して研究に没頭する事を許してくれてる感じで、おかげで色んな神秘体験を夢中で体験していたようだ。
その天津金木か、何かを使いながらチャンネリングか?
何か高次元の存在と交信しながら宇宙の原理を解き明かすような、とにかく大きなものに対してとても興味を抱いて一人瞑想してる感じ。
この時だけ自分は孤独感を感じずに済んでいるような感じが伝わってくる。
同時に奥さんには何かとても感謝してる自分が感じられる。

最後に自分の死んだ時のシーンへ誘導される。
自分は部屋の真ん中でややうつ伏せになるように横たわっていて、それをすでに霊魂となった自分の意識が見下ろしてるようなビジョンだった。やはり30才前後か?先ほどの研究中の自分とそんなに歳は変わってない感じだ。
しかし、すごく不自然と言うか、何か突然死の様な感じだ。
誰かに殺されたのか?でも、苦しんで死んだ様な感じもない。自殺の様な感じもするし。自分で心臓を止めたんじゃないかと言う感じさえする。
もしかすると何らかの神秘体験の中、そのままあの世にいったんじゃないか?と言うくらい不思議な感じがする。
とにかくちょっと死因がわからない突然の不思議な死という感じだ。

  • ヒプノ体験-平安時代

その後、そのまま中間世に誘導される。

先ほどの孤独感が薄れていく感じだ。ここで、この過去世を振り返る。
この過去世での気付きは、成功に手段は考える必要なし。目的さえしっかりしていれば、どんな手段であっても辿り着けると言う感じがした。ただ同時に成功と心は別物と言った感じ。この孤独感は人間に生まれる以上、仕方のないもの。そんな感じもした。

その後、自分のハイヤーセルフと会うセッションに入るのだが、何故か例の白龍さんが現れて、いきなり口にくわえていた水晶球がポロリと落ちてきて両手で受け取った。それは勇気を意味していると感じた。

さらにそのまま未来巡航に移る。
ここでは、今世で将来自分が成功しているシーンを見に行くのだが、2方向に大きな窓がある事務所で、スタッフが2人ほどいる光景が見える。そこで忙しそうに指示をしてる感じだった。

実は、このセッションは去年の10月頃に受けたのだが、去年末に事務所を探してる中に、このヒプノで見た2方向に大きな窓がある部屋を見つけたのだ。それでここだ!と思って契約したのだが・・。ただ、ヒプノで見えた部屋はもっと広い感じがしたので、今借りてる事務所が、その未来の事務所なのかどうかはわからない。

これでセッション終了となった。

ちょっと平安時代はさすがに子供の頃のシーンまでは見た事が無かったから新鮮だった。
でも、今思うと子供の頃、自分の親はどうしてたのだろう。イメージが出てこないのでちょっと気になる。
あと、自分が死んだシーンも、これ本当に死んだのかどうか怪しい。
と言うのも、少し書いたが修行を他の者に指導してる記憶では、自分はもっと歳をとってるイメージがあるからだ。
もしかすると臨死体験であって、実際には死んでなかったんじゃないかと言う気もするのだ。

まぁ、また自分がヒプノを受ける機会があったらその辺もあらためて確かめてみたい・・。

 


平安時代の記憶(前世の恋人2) 2008年09月07日 22:09

昨日の予告の話。
確か以前の日記にも書いたし、他の記事でも何度か書いているが、ちょっとあらためて書いてみる。

私の体験ではあるが、以前初めて会った瞬間から「ああ!この人が運命の人だ!」と感じる事があった。
それまでは、まぁ初対面でこの子カワイイなぁとか、こう言う人好きだなぁ・・とすぐに感じるのを、いわゆる「一目惚れ」だと思ってたのだが全然違った!
もう全身に電気が走ったようなすごい衝撃があって本当にビックリした瞬間だった。確実に前世からの恋人だと言う確信があった。これが本当の一目惚れなのかと再認識したのだ。
もちろん、その人とはその日のうちにすぐに仲良くなって、一緒にいてとても楽しい人だった。

しかし!幸か不幸か、その頃の私は既に自分の前世も沢山思い出していたので、すぐその人とどの時代で会った人なんだろうと記憶をたどり始めた。で、見えてきたのは平安衣装を着たその人の姿だ。同時にその人との想い出も沢山よみがえってきたのだ。
そして、それまでの好きって感情が一気に何か違うものから来ている事に気づかされた・・。
何かとても胸が痛い苦しいつらい感情がどっと蘇ってくるのだ・・・。

平安時代の初期になると思う。
記憶として出て来るのは、すでに占術師として、帝の様な偉い方に雇われていた。
こう書くと陰陽師を連想されるかもしれないが、私がやっていたのは陰陽師でなく古神道のようだ。
自然崇拝的要素が強く、占いと言うより精霊や神々と交信しながらメッセージを伝えていくチャネラーの様な立場だったと思う。

その帝の様な人(歴史上の誰かかもしれないが、歴史は苦手なのでわかりません)とは、今はちょっと疎遠になっているが今世でも会っている人物だ。
一度、夢で見た事があるのだが、宮中を歩きながら私はその帝さんに「私は前世でも貴方とお会いしてるのですよ」と言った。その帝さんには「面白い事を言うのだな」と返された。この時の言葉の前世とは、ギリシャ時代を指している。ギリシャ時代でもこの帝さんと会ってた記憶があるのだ。その事を告げていた所からすると私は平安時代の前世でも、すでにいくつかの前世の記憶を持ち越していたっぽい。

で、そんな背景の中、話は戻る。
帝さんの指示で、国の行く末を占ったりするのはもちろんだが、宮中のいろんな方に相談事を持ちかけられ占う事も常だった。女性の立場が色々複雑で、生霊だの怨念だの何だか大変だったイメージだけは残っている。
その中、付き合ってた女性がいたのだが、彼女は明るくて素直で賑やかにはしゃぐタイプで、他の男にも人気があった。
私はどーも彼女に限って嫉妬してしまい、彼女もいつも私に対して嫉妬していた。なんか互いに相手を縛りたいけどプライドが許さなくて縛れず、それがエスカレートしてしまい、何か互いに相手にヤキモチを焼かせようとして浮気する様な・・細かい所までは思い出せないのだが、何かそんな嫌な複雑な関係になり、ある時、大きなトラブルがあって別れてしまったのだ。

それが私はもう恋愛なんかしたくないと思うほど結構傷ついてしまった・・多分こちらも彼女を大きく傷つけてしまった・・そんな印象だけがよみがえってくる。これだけ印象深く残っている所を見ると彼女とは何生か付き合っていて、この平安時代を最後に付き合わなくなった様な感じもする。
そのすごく傷ついた印象だけが今世でも蘇って、今生で彼女と再会した時、全身に衝撃が走ったのだろう。
多分、とても傷ついた感情が、好きだったと言う感情とごっちゃになって衝撃的な一目惚れになったのだろう。
同時にこの人とはもう付き合えないと言う感覚もしっかりあるのだ。

今生では彼女とは普通の友達関係。付き合わずとも、何か無意識に互いに相手の嫉妬心を意識してしまう感覚が残っていて、多分、今世でも付き合ったとしても平安時代の繰り返しになる事は想像に容易いのだ。

それに平安時代では、彼女と別れた後に、別でとても大切に思える人が現れた記憶がある。結婚したと思うのだが、その人は、とてもまじめで硬いイメージなんだけど、私にとってはホッとする存在で、お互いに相手に負担にならないような付き合い方が出来たので、おそらくその生では死ぬまで一緒だった人だ。
その人のおかげで、その後の私は自分の研究に没頭していったように思う。神秘体験を繰り返して色んなものを発見していった感じだ。
今生では今のところ、その人とは出会っていない。
もし再会できたら、多分、一目ぼれの様な衝撃は無いだろうけど、初対面から家族の様な落ち着いて話せるような感覚はあるだろうなと言う気はしている。

で、ここで先日のメール下さった方への返答も兼ねるのだが、今の恋人が前世の恋人なのかどうかとか、どうすれば前世の恋人と会えるのかとか、そう言った内容のメールが一番多いのだが・・。

どーも幸せだった前世の恋人は、印象は薄いのだが一緒にいて度々感謝の気持ちが沸いてくるような感覚で。
逆に苦しい前世の恋人ほど強烈に惹かれたり、ある時は憎しみあったり、それでもなかなか離れられなかったりとそんな激しい印象だ。
かと言って前世が見えないとなると、こんなに惹かれるのに苦しい恋愛になるかもしれないからといって身を引いて、心のどこかで後悔し続けるのも、また苦しい話だと思う。
苦しい前世の恋人と繰り返し付き合って、互いに学んで成長していくのも大切だと思うので、それはそれでイイと思う。
(まぁ、私は記憶があるから迷わずホッとする彼女の方を選ぶけど・・笑)

上記の事を踏まえた上で、自分が歳とって死ぬ時に後悔しないであろう方の道を選んで欲しい。
それは妥協と言う意味でなく、自分がどう言う人と一緒になるのが一番後悔しないのかを、じっくり考えてみて欲しいのだ。
あと、どーせ今生で初めて好きになる人であっても、すぐ来世には「前世の恋人」になるんだし、それにそもそも前世から何らかの縁が無い限り出会う事自体難しいもの。
縁があるからこそ今生で関わりが持てるものなんだから、あんまり前世にとらわれず、かと言って頭で理由付けるのでなく、心でゆっくり感じてみて本当の自分が望んでいる道に向かって欲しい所です。

 


世の中広い様で狭いと申しますが、それもまた縁の成せる技なのでございましょう。 2003年06月22日 18:38

なーんて長いタイトルを付けると読みにくいですか?・・・・。いえ、それだけ(^^;)。

昨日久々に自分の時間が出来たのでちょっと買い物に出かけた。その帰り街中でOさん繋がりの友人TAさんにばったり会った。お互いビックリしてTAさんとはそんなに親しく喋った事はなかったのだが、なんかこう言う偶然のある時は、管理人の場合必ず怪しい任務の前触れなので(^^;)とりあえずせっかくだからって事で茶店に入りやっぱり例のごとく怪しい話に突入していく(笑)。

TAさんはOLの傍らバイトを掛け持ってるらしく今日はその帰りだったらしい。前世とかはあんまりイメージが出てこなくて、かろうじて江戸時代とかの位の高いお姫さんみたいな姿のイメージがちょっと出てくるだけ。あとはちらちら平安時代にも会った事あるのかな?って言う程度だった。恋愛から悟りまで(?)2、3時間ほど喋って特に新たな任務の話が出てくる訳でもなく(笑)そのまま帰る事にする。

しかし、その帰り道の事。TAさんが会社の受付をやっていると聞いてイメージ的に大きそうな会社の気がして、もしかしてオレも知ってるような会社なのでは?と思い、会社名を聞いてみたら・・なんと、管理人が2年前しばらく勤めていた会社だったのだ!(笑)

またまたお互いビックリして詳しく話を聞くと管理人が配属されていた建物とは違う建物ではあるのだが、聞いた覚えのある上司の名前が出てくる出てくる!(笑) そう考えると、その会社についてはやたら平安時代に会った事のある人が多いなぁと感じていたのだが、多分TAさんも平安時代にも会ってたのかもしれない。
まぁ、平安時代の人達が多い会社と言っても、それは管理人から見て平安時代に一番長く深く関わっていたグループと言う意味でそれ以降の生でも今世のように短く浅く関わってはいるとは思う。

結局今日の怪しい収穫はちょっとした偶然の重なりの面白さの発見と言うところか?う~ん、しかしもっと怪しさを爆裂させなければ、日記のネタがないぞ・・(^^;)

「バアさん、この薬は何じゃ?」「ああ、睡眠薬ですよ」「・・なんで睡眠薬がワシの枕もとにあるのじゃ?」「あら、偶然ですよ」「しかも大量にあるんじゃが・・」「偶然ですよ」「さらにコップに水まであるんじゃが・・」「偶然ですよ。きっとそれだけ縁があるのですよ」「そーかぁ、縁じゃったか。おっほっほっほ」「ふふふふふ」
大量の睡眠薬と縁があるらしいボケっと爺さん!?口に詰められたら最後!
わかっているのか?ボケっと爺さん!狙われてるぞボケっと爺さん!!
バアさんの狙いは何だ!遺産なのか!?単に邪魔なのか!?・・つづく

 


世の中広い様で狭いと申しますが、それもまた縁の成せる技なのでございましょう。 はコメントを受け付けていません。

再びちょっと怪しい話。 2002年09月16日 22:12

最近「天津金木」と言う占術道具がすごく欲しい(^^;)。今で言うタロットの様なものかな。深い潜在意識に繋ぐ事で単に前世や未来を見るだけでなく宇宙の真理そのものを垣間見る様な奥の深い占術道具。それを平安時代に一番よく使ってた覚えが強く出てきているのだ。

木で作る積み木のような道具なのだが、平安時代、山の中で一生懸命、天津金木を作る為の木を探していた気がする。やっとの思いで自分と波長の合う木を見つけ、まずはじっくりその木と一晩かけて会話して翌日宮中の人達に手伝ってもらって祭って、その木に許しを得てから切り削って加工し、やっとの思いで使えるようになった気がする。

でも、今ではそんな木を勝手に切ったり出来ないし、第一どう言う木で作ってたのかまではわからない(^^;)。今でならああ言うのって売ってたりするのかなぁ?マニアとかだったら持ってる人とかいるのだろうか?本格的な古神道家なら持ってそう・・。

あ、あと、何やら葵祭りの斎王代(?)に恋してた様な記憶も出かかってる・・あやしひ(^^;)。

 


再びちょっと怪しい話。 はコメントを受け付けていません。
Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA