管理人企画記録

ハードディスク交換記 VAIO-U1 2006年06月11日 22:49

どーも最近特に感じるのだが、人の運気の落差が一段と激しくなってるみたい。
色々な人に変化があって、上昇してる人と降下してる人とにキッパリ二手に別れ始めてる。いったい世の中どうなって来てるんだ?と思う今日この頃なのだ。まぁこの辺りの話はちょっと近いうちにまとめて書こう。

ところで、最近ノートパソコンのハードが壊れてしまって、ネットで注文。昨日ハードの交換をした。
まぁ問題なく交換できて復活したのだが、またそのうち分解する事もあるだろうし自分でも再確認できるようその時のレポートを今日は書いてみるぞ。

モノは「VAIO-U1」
1ヶ月ぐらい前からカラカラと変な音がして、さらにガラガラと大きな音になり、ある日、電源を入れても真っ黒画面にOSを認識できないと言うメッセージが出るだけで、立ち上がらなくなった。
ノートの分解はやった事なかったのだが、ハードの交換をメーカーに依頼するのも高いだろうし(4、5万ぐらいか?)、ネットで色々情報を集めて自分で交換する事にした。

U1は1.8型ハードディスクで東芝のMK2003GAHと言う20GBのもの。で今回交換するのはMK4004GAHと言う40GBのハード(18000円ぐらい)を通販で買い、昨日の届いたので早速、分解交換開始。

  • VAIO-U1 HDD交換
  • 1a.裏面のネジ6本を外す。失くさないように手元にテープで止めておく。赤丸の3本は長く、緑丸の3本は短いネジだった。
  • 1b.背面2箇所の四角いネジカバーを剥がして、ネジ2本を外す。
  • 1c.液晶を180度開いた状態で上面中央カバーを上方向に外す。
    赤丸の3箇所に爪がある。また背面もネジのあった付近に爪があり気をつける。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 2a.中央パネルのあった所の赤丸の2本のネジを外す。
  • 2b.キーボード下の隙間の赤丸の2箇所に黒い爪が見える。これを押し下げつつマイナスドライバーなどでキーボードパネルを浮かす。
  • 2c.キーボード奥のフィルムケーブルが、まだ繋がっている。これは薄茶のコネクターの両端をちょっと浮かすだけでフィルムケーブルが抜ける。
    これでキーボードが外れる。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 3a.赤丸部の禁断のシールを剥がす。これを剥がすと保障がきかなくなるとか何とか書いてあるが、もう3年以上経ってるのでためらわずに剥がす。
  • 3b.しかし、これまた剥がしにくくてドライバーでやっても傷が付くだけ。ここではガムテープを利用して何とか剥がした。下から禁断のネジが見える(赤丸部)。このネジも外す。
  • 3c.ここでチョコマシュマロを一個食べて一休みする。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 4a.あとは4本のコネクターを外すとカバーが外れるのだが・・。
    まず1本目。中央の幅広のケーブル。茶色の部分をマイナスドライバーでちょこっとおこしてやるだけでケーブルが抜ける。
  • 4b.その手前隣の細めのケーブルも同様に茶色の部分をおこすと抜ける。
  • 4c.向ってやや右奥のケーブルも同様に茶色部分を手前におこすと抜ける。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 5a.そして最後の一本・・。と言うかこれがどーもよく分らなくて、銅?のシートを白いケーブルから剥がせばイイのでは?と勘違いして、剥がしてしまう。しかしこれは間違いだった。
  • 5b.よく見ると銅シートの下にちゃんと黒いコネクターがありこれも両端を浮かして外してやればよいのだった。
    なんか剥がさなくてもイイのに剥がしてしまった銅シートが気になる。
    だ、大丈夫やろなぁ・・。
  • 5c.これで底カバーが外れるのだが、これまたどっかひっかかって外れない。どうやら手前の赤丸の所にも爪があって、ここに気をつけてマイナスドライバーなどでこじってやるとうまく外れた。ホッとした。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 6a.底カバーの緑四角部の下にハードがある。赤丸2箇所のネジを外すと、ハード上の基盤が外れる。
  • 6b.ハードディスクが現れた!。コネクター部を浮かして茶色ケーブルを外す。
    これでハードは外れる。
  • 6c.分解終了。ノートの分解は初めてなので覚悟してたのだが、そんなに思っていたほど大変な作業ではなかった。
  • VAIO-U1 HDD交換
  • 7a.左が元の20GBの古ハード。右が今回買った40GBの新ハード。コネクターと両脇のゴムを新しい方に付け替え、分解の逆の手順で組み立てていく。
  • 7b.剥がしてしまった銅シートが気になって、何度も押さえるがくっつかない。一度こじれると戻れない二人の関係。あきらめるしかないようだ。
  • 7c.組み立て終わり、とりあえず起動。問題なく動いてくれ!緊張の瞬間。電源スイッチを入れる。SONYのロゴが現れる!おおっ。F2ボタンでBIOS画面に移動。しっかり40GBは認識されてるようだ。メデタシ、メデタシ。

こうしてハードの交換を終えて再インストール。終了。

しかしまぁ今回は、なんてこのサイトに似合わない記事だろう。
おそらく検索でこの記事を見つけた人は、他の記事を読んで混乱をきたすに違いない。

しかしもう遅い。
このサイトでは、ハードディスク交換も立派な心霊現象なのだ!!

(んーなわけない)

 


ハードディスク交換記 VAIO-U1 はコメントを受け付けていません。

第一回現世集会(京都編) 2005年05月25日 23:14

現世集会とは、現世において当サイトの管理人とここに訪れる縁ある魂との交流を目的とした集いの企画です(一言で言えばオフ会とも言う)これはその集いをレポートしたページなのです。

サイトからして、こう言った集いが実にあやしひと感じられるまともな方はすみやかにブラウザーの閉じるボタンを押し、現実に戻って「これは闇の降霊会だ!素人が決して関わってはいけない闇の降霊会を覗いてしまったのだ!!」と考え、お菓子とジュースを用意して仲の良い友達を呼んで、とりあえず安全なお楽しみ会を開きましょう。

オフ会

2005年5月14日(土曜)当サイトもオフ会をやりました。

もともと「出来るだけ人に会わねば」と言うただの突然の思い付きからいきなり企画しました。第一回目と言う事で、今回は管理人の地元でもある京都で行いました。

はたして、ホントに人が集まるのか、まともな会になるのか、怪しい会になってしまわないか(今更だが・・)、多くの不安を抱えながら迎えた、その第1回京都オフ会の様子を、ご紹介します。

ちなみにイラストは管理人的にかなりオーバーに表現してますのでご了承ください(^^;)。

 

2005年5月14日(土) オフ会

一人オフ会?

今回のオフ会参加者は管理人の他に男性2人女性2人となった。
まず、兵庫から油さん(男性)。油さんは掲示板にもよく書き込まれているが、もう10年以上前からの付き合いの友人で面識もある。
次に神奈川からともこさん(女性)。
このサイトのメールでの悩み相談が始まりで、最近は掲示板にもよく来られる人。しかし面識は無い。今回大阪や京都旅行もかねて神奈川から来られる。
次に大阪からK1さん(男性)。彼は前回の体脱セミナーで知り合った体脱Dさん(体脱体験記参照)でもあるのだ。最後に大阪からゆうさん(女性)。彼女はK1さんからの紹介で先月の大阪の体脱セミナーで一緒になって知り合った人らしい。
ホントは当初、神奈川からもう一人女性の方から申し込みがあったのだが、都合が悪くなったのか最終申し込みはなかった。
で、管理人を含めてこの5人が最終的なメンバーとなった。

PM1:00京都駅中央口集合。と言う事で、管理人は10分前に着き、皆を待っていた。しかし時間になっても誰も来ない。ともこさんからメールがあり今地下鉄に乗るところで5分ほど遅れるとのメールが入る。油さんは電話してみるとクルマで来てるらしく、ちょっと遅れるとの事。K1さんは今回夕方から参加すると聞いていたので、ゆうさんの方に電話してみると留守電だった。

・・・・・。

もしかして・・・今日はオレ・・一人オフ会ですか?(T_T)

本来オフ会たるものは、どやどやとにぎやかに人が集まり、管理人たるものは「皆さんそろいましたね?では、店に予約を入れてありますので、そちらに移動しましょう(^^)」と、さわやかなオープニングが管理人の頭の中では綿密に計画されていたのだ。それが・・それが・・るるる~。

と、ゆうさんから電話が入る。用事が長びいて2時過ぎになるとの事・・。ええ、いいんですよ。ゆっくり来て下さい。管理人は孤独の似合う男です。人を待つことには慣れてますから大丈夫です。
しかし5人予約を入れた店に一人で入って果たして笑顔で「あとの4人はもうすぐ来ますから」なんて言って6人がけのテーブルに一人で座ってケーキを食べて・・

待てるのだろうか・・?
待てるのだろうか・・?
待てるのだろうか・・!?

そんな不安の中、再び電話が入る。ともこさんからだ。「今、中央口に来たのですが・・」携帯を頼りにお互いを見つける。ちょっとボーっとした感じの(ごめんなさい)人の良さそうな女性だった。ようやく今日の参加者の一人に会う事が出来た。6人がけテーブル1人占拠状態はまぬがれた。

次に油さんから電話。烏丸七条にクルマを止めたとの事。駅から5分位の所で、ちょうど今日予約した店が烏丸七条の方にあるので、烏丸七条で合流する。これで三人となり、とりあえずさらに5分ほど歩いて今日予約を入れた某店に入る。

参加者紹介

初めまして。僕は京都から来た「管理人」です。独身です。趣味は幽体離脱。特技は仏画を少々たしなんでおります。将来の夢は鼻うがいの達人です。どうぞよろしくお願いします。
・・・・と、本来オフ会たるものは、やはり自己紹介から気合を入れたいところでしょ!
しかし、管理人を含めて3人と言うややこじんまりとした集まりにすでに店に着くまでに歩きながら何だかんだと喋ってたので、何か、そんなさわやかなオープニングのタイミングを逃してしまった。
もう管理人の頭の中で綿密に計画されていたオフ会の理想像からは、また一歩さらに一歩と離れ始めていたのだ・・。果たして、このオフ会、オフ会らしく進むのだろうかと少々の不安を感じつつ、とりあえずお昼をまだ食べてなかったので、パスタを注文する管理人であった。

さて、ここで、今回来てくれた参加者を少し紹介してみよう。
まずは油さんだ!そのインパクトのあるハンドルネームと裏腹に、非常に落ち着きのあるダンディな男。管理人より少し年上で、学校の英語の先生でもあるのだ。
油さんとはもう10年以上の付き合いで、管理人が漫画家になる前に趣味で作った個人誌を色んな雑誌で通販で売っていた頃の事・・。
知る人ぞ知る「ムー」と言うオカルト雑誌でも、その管理人の個人誌を紹介してもらえたのだが、その紹介文が「UFO目撃に幽体離脱、妖精と接触までした・・」とかなんとかとかなり怪しい紹介文で載ってしまい、それに目が止まって思わず買ってくれた読者の一人が油さんだったのだ。
ちなみに実は油さんも当時、幽体離脱を繰り返していて、その辺りで管理人とも話が盛り上がって友達になった人なのだ。
と、そんなイキサツをともこさんに説明してると油さんはおもむろにカバンから「ムー」を取り出した!?
それも管理人の個人誌が紹介されてた号だ!!
って、何でそんなに用意がイイんですか~!(笑)
この話題を予知していたかのごとくの展開にちょっとやはりあやしひ類は・・類を呼ぶ?

今回会ったのは、また1年以上ぶりぐらいかな?このサイトを昔から見てる人なら分かると思うが、色々とあって以前は悩み相談にのったりした事もあり、その辺り結局どうなったのかちょっと心配してたのだが、なんですかなんですか~管理人がいなくてもちゃんとうまくいってる様で安心しましたよ。
でもここだけの話、せっかくそこまで譲られたんなら、こっちもちゃんと譲れるところは譲ってあげないと可愛そうですよ~!ホント陰ながら応援しています!

続いてともこさん。今回なんと神奈川から来られたと言う彼女。去年色々悩む事があって何やら霊能者の人に診てもらったところ西に行きなさいと言われたそうです。で、とりあえず大好きな出雲にまた旅行に行ったらしいのですが、その出雲について色々調べている時にこのサイトを見つけてしまったそうです。これも縁ですな。
で、メールで相談をいただくようになり、掲示板でもちょくちょく顔を出されるようになりました。
そう言えば昔、それも霊能者だったか誰かに、助けてくれる人がいるから探しなさい・・と言われてこのサイトを見つけたと言う人もいました。結局、力にはなれませんでしたが・・m(__)m、もしかしてあの世ではこのサイトって結構有名なの?嬉しいような恐ろしいような・・(^^;)
ともこさんは主に家族の事、会社の事などで相談を受けてたのですが、今回もその後どうなったのか色々話を聞きました。ちょっと即座に回答が思いつかず、まあ彼女は今回京都に泊まるとの事で明日も京都観光する予定なので、明日またじっくり話を聞いてもいいかなとも思って、この場では話を聞くだけにしておきました。

ちなみに油さんもともこさんも相談といっても心霊相談ではありませんよ(^^;)。
人としてのごく普通の悩みです。

占い師現る

食事を終え、ちょっとそろそろケーキでも注文しよっかな~と企んでいた頃、ここでゆうさんから京都駅に着いたと言う電話があり、迎えに行く。

ゆうさんは大阪の人で、後から来るK1さんの友人。何やら怪しいオーラを放つしっかりした感じの女性で、聞けばなんとセミプロの占い師だと言うのだ!も、もしかしてライバル現る!?(笑)
何やら数種の占いと、統計学、ヒーリング、カウンセリングのミックスでされてるとの事。

と、ここで、ともこさんはゆうさんに「肩凝ってませんか?」といきなり肩を掴まれヒーリングが始まる!しかしこのちょっと後、偶然なのか分からないが、集中も何もしてないのに何故か管理人自身も急にエネルギーが上がってきたのが感じられて、これってゆうさんに連動したのか?ちょっと不思議な感じだった。

しかしカバンからアロマオイル?やら占いカードやら次から次へと出てくるヒミツ(占い)道具にみんな唖然。
つーかねぇ、何だか管理人の影が薄い・・薄いのだ・・。
あのぉ・・いちおう・・僕が・・主催者・・なんですけどぉ・・・・いや、何でもないですぅ・・。

そして、ようやく最後の参加者、大阪のK1さんが到着。迎えに行く管理人。K1さんとは去年の体脱セミナーで一緒で、半年振りぐらいだろうか?

こうして5人揃って、ゆうさんの占いもメインコンテンツに入る!一人一人の性格などの診断が始まるのだ!
もうすでに管理人の頭の中で綿密に計画されていたオフ会の理想像は、宇宙の藻屑となって消えてしまった・・。いや、これでいいのだ!みんなが楽しんでくれるのなら、1オフ会に1人占い師!これがこれからのオフ会のスタイルなのだ!

みんな生年月日を書き、ゆうさんが何やら計算を始める。色々と指摘され、まぁそう言われるとそうやなぁと納得できる所も多々あった。気になったのは管理人の基本的な性格がK1さんと同じらしく似ていると指摘された。そう言われてふと、K1さんが、管理人と同じ様にレアチーズケーキを知らずに注文してたことに気付く。
その事を話すと、おもむろにともこさんが「あのぉ、お二人の為に私達、席を外しましょうか?」
いや、そう言う風に繋げないでください(・・;)

また、エンジェルカード占いで、管理人は「いつ頃、結婚できるか?」を占ってもらう。以前の異空間で、自分の結婚について見てみたら「そのとき次第」と出て、何じゃこりゃ!と思い(2004年8月31日ひみつ日記参照)、Oさんには「アナタは口だけだから難しい」だの「潜在的にする気が無いから縁ができない」とか「出家した方がイイかもよ!(笑)」とまで散々言われ、そんな事は無い!と自分では思ってるのだが、今度こそもうちょっと救いのある結果をと思い、気合を入れて一枚のカードをひいてみた!

すると・・なぜか「ビジネス」とか言うカードが出る。
・・・・・。
・・これって答えになってるのか?

何か、やっぱり潜在的に仕事の事を考えながらひいたのでは?と考えてしまう。ゆうさんは「まぁ、仕事関係で縁ができるって事かもしれませんからね・・」とフォローしてくれたが・・。微妙です。

そこで何故か、管理人はどう言う人が好みなのか?って話になり、すぐには思いつかなくて、う~ん・・と唸ってると、今度はいきなり・・
ともこさん「もー絶対、若くてカワイイ子が好みなのよ!○○才ぐらいで××な感じで、△△で・・!」
管理人「って、なんでアナタが僕を霊視するんですか!!」(爆)
いや、このサイト的に・・立場が逆でしょ?逆!

そんなこんなで、おのおの色々と占ってもらい、何やらゆうさんは忙しい人のようで、ひっきりなしに電話がかかってきていて、夕方にはまた人と約束があるからって事で、先に帰るとの事。
まぁ、でも時間ももう6時近くだったので、最後にみんなで写真を撮って、いったんお開きにする事にした。

5人で京都駅まで戻ってきて、ゆうさんはJRで、油さんはクルマで帰るので、お見送り。
お二人共どうもお疲れ様でした。

残ったのは、管理人とK1さんとともこさんの3人。駅近くで夕食を一緒に食べることにした。
どこか嵐が去った後の静けさ・・。しんみりと語り始める3人。

ともこさんはあらためて仕事の事とかの相談。ようは、営業の為に、会社の利益の為に、時には罪悪感を感じるような事を下請け会社などに言わなければならないらしく、それがつらくて転職すべきなのか?それとも転職せずに克服すべきなのかと言う話。

こう言う場合は、転職しても結果的に似た様な仕事の会社に転職してしまう事が多い。だから、似たような仕事に就かない様に強く意識して全く違う職種を探すか、あるいは今の会社で、罪悪感を感じない様な仕事の流れに変えていくしかない。
一応、後者の仕事の流れを変える方向での努力をメインにして、転職誌なども時々見るように勧めた。

一人の力で仕事の流れを変えるのはとても難しいとは思うのだが、そう意識して努力する事によって、結果的に会社の流れが変わらなかったとしても、ふっと自分にあったイイ転職先が見つかったりするものなのだ。それがもう転職が厳しい年齢であったとしても本人の意思の持ち方次第で縁は出来てくるのだ。仕事も偶然に見つかるものではなく、その人の縁によって見つかるものなのだ。そう話すと、ちょうどK1さんも似たような状況らしく、納得してくれたようだった。

また、K1さんは、彼なりに大きな夢があって、内容はちょっとここでは書かないでおくが、それを実現させるために、願望成就の為に何かきっかけになればと言う事で、体脱セミナーも含めて色んなエネルギーの上がりそうなセミナーに参加してるらしく、その辺りの話を聞いて、管理人的にもすごく応援したくなった。

普通の人が聞いても無理だろうと思われるような夢も、無理だろうと思うから無理なだけで、可能だと信じている限り、どんどん目的に近づいていくものなのだ。そうやって管理人だって一応プロの漫画家になれたのだ。(売れる売れないは置いといてだ^^;)
芸能人にしても、我々から見ると異世界の人のように感じるものだが、超能力者でもなんでもない同じ人間なのだ。小さな行動の積み重ねをしているかしていないかの違いだけなのだ。やる気があるか無いかの違いだけなのだ。
そんな訳で、彼には是非、夢を実現して欲しいとの想いから、色々願望成就の為の具体的な作戦を伝授した(??)

そんな熱く語り合ってる男二人を前に、ともこさん・・
「あのぉ、私やっぱり席外しましょうか?」
管理人「だから、アナタは少女マンガの読み過ぎです!」(笑)

時間はPM9:30を過ぎ、そろそろお開きにする事になった。
K1さんはJRで大阪へ。ともこさんは地下鉄で今日宿泊予定のホテルへ。
そして管理人もバスで家に帰った。
なかなか充実した時間が過ごせて、よかったよかった。

 


2005年5月15日(日) 京都観光

葵祭り

さて、今日は京都観光と言う事になってたのだが、実はみんな仕事の都合などあって、結局、参加できるのはともこさん一人だけになってしまった。
ちょっと寂しいけど、彼女にはせっかく遠くの神奈川から来てもらったので、いい京都旅行の思い出になる様に、気合を入れて案内させてもらった。
あ、ちなみにともこさんはちゃんと彼氏がいるのです。管理人も、あくまで京都の案内人として紳士的に行動したまでですよ。変に深読みしないようにお願いしますよ(笑)。

まず、何と言っても今日は葵祭りの日なのだ。京都の三大祭の中では管理人的に一番好きなのが、この葵祭り。
葵祭りとは、そもそも平安時代に豊作か何だったかを願って始まった国家的行事で、行列の人はみな葵桂の葉を身に着けており、それで葵祭りと呼ばれるようになったらしい。
祭りと言っても夜店が出たりたこ焼きや綿菓子が出るわけでもなく、ただ平安時代の衣装を着た長い行列をひたすら見るだけなのだが、とにかく綺麗で平安時代にトリップした様な不思議な気分が味わえる京都らしい祭りなのだ。

そんな訳でこれは是非見てもらいたいと思い、朝10時に御所近くで待ち合わせたのだが、もうバスが葵祭りの観光客で満員で乗れなくて、急遽時間をズラして、10時半に何とか合流。そのまま御所に入って、人を掻き分け何とか葵祭りの行列を見れる場所へ。
何度見ても飽きない美しさ。管理人もすっかり観光気分で、思わずともこさんを押しのけて写真とりまくる!(どこが紳士的なのだ・・)。

葵祭りの主役、斎王代と言うお姫さんもそこそこアップで撮れて満足。美人でしたよ~♪
ちなみに斎王代は未婚の皇女で、簡単に言えば人と神を繋ぐ巫女的なお姫さんだったみたい。

  • 葵祭り
    葵祭りです。
  • 葵祭り
    今年の馬は逃げ
    ません^^;)
  • 葵祭り
    主役のお姫様
    斎王代です。
  • 葵祭り
    何とか近づいて撮りました。
    綺麗です。

 

洛東観光

お昼は、お好み焼きを食べ。そして八坂神社からねねの道をまわって、清水寺へ。
途中、大好きな都路里にも寄って、今年初の特選都路里パフェ(抹茶パフェ)をいただく!(ホントにどこが紳士的なのだ・・)。

清水寺は、山の斜面にある。行くだけでも山から結構エネルギーを分けてもらってる感じがした。
街中の木々なんかは嫌がってはいないけど、エネルギーの消費を防いでるかの様に沈黙してる感じなのだが、山の木々は結構喜んでる感じがして、見てるだけでもとても元気が沸いてくるのだ。

PM4:00 五条坂を下り、タクシーで京都駅へ。ともこさんは先に新幹線の切符を買って、時間まで一緒にお茶を飲み、土産を買って、最初に会った改札前で見送る。
こうして、第一回京都オフ会は幕を完全に閉じたのだった。

皆様ホントにお疲れ様でした。

 

皆様より感想。

今回は、ホントうまくいくかどうか不安の中での企画でしたが、と言うかホントに人が集まるのか?と言う不安が一番大きかったのですが(^^;)、結果的にはやっぱりやってよかったなって思ってます。

メールや掲示板だけでは相手が見えないだけになかなか伝わらない部分も沢山あって、相手を見る目も想像の域を超えきれない部分も大きかったのですが、一人一人こうして実際に会ってみると、色んな発見や意外性があり、心の通じ具合がよくなった様な感じがします。
それではここで、参加者の皆さんからの感想を載せて終わりにします。

皆様より感想

油さまより
日頃「あやしひ」ことで話ができない職場にいるのでいい気晴らしになりました。
また、今まで知らなかった人たち、知らなかった知識との出会いができて久々の最高の時間でした。
ともこさまより
今回のオフ会を通じて、いろんな方々お会いする事ができ、いろんな体験談を聞けたり、貴重な「ムー」を見せていただいたり、占っていただいたり等、盛りだくさんの内容で楽しかったです。
管理人様、参加者の皆さん、お疲れ様でした。
またお会いできる縁があるといいですね!
K1さまより
今回のオフ会を企画していただいた「管理人さま」
あなたがいたからこそ、私たちも集うことができました。
本当に感謝しています。
そして、お会いすることができた「みなさま」
暮らしている場はいろいろですが、同じ感覚を持った方がいると知って心強く思いました。
みなさん、またお会いしましょう!
ゆうさまより
同じ価値観の方と出会いたいという気持ちで紹介していただいたオフ会。
飛び入り参加にも関わらず、皆さんアットホームで良い方ばかりで感謝しています。
この縁を大事にしていきたいと思います。
反省点は、うれしさのあまりはしゃぎすぎた事でしょうか。
  • オフ会
    左奥から、ともこさん、ゆうさん、
    K1さん、管理人、油さん。

それから実は、会社の外注のデザイナーN5さんが、今回のオフ会の為にN5さんの経営しているバーの2Fを貸しましょうか?と言う提案をいただいていました。
その時はすでに今回の某店に予約を入れてましたので、またの機会にと言う事にさせてもらいました。
お気持ちだけでも大変うれしかったです。ありがとうございました。

そんな訳で、皆様本当にありがとうございました。皆さんにお会いできた事を心から感謝しています。
縁は偶然によって生じるのではなく、縁によって偶然が生じています。
今回の出会いが、みんなお互いに価値のあるものになる事を願っています。

次回はいつどこでやるか全く考えてませんが、また縁が導くままに是非企画したいと思ってます。

 


第一回現世集会(京都編) はコメントを受け付けていません。
Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA