2017 4月 26

曾婆さんの予言? 2017年04月26日 17:00

また、変な夢を見た。
ちょっと久々に笑える夢だったんだけど、これは内容的にゆらとふるへの日記でしか書けない!

その夢は、最初亡くなった父が出てきた。
父が夢の中で何か言いたい事を言っていく事は、これまでにも何度かあった。
今回も他愛もない心配事を言ってくるので、もうこっちの事はエエから、さっさと忘れて転生してや!みたいな話をしてる夢だった。

気が付くと、その父が知らないお婆さんの姿に変わった。
なんかご先祖さんの代表って感じが伝わってきた。たぶん父方の曾婆さんだと思った。
なんか事業でスゴイやり手の曾婆さんがいたけど、私が生まれてすぐに亡くなったと昔聞いていて、その曾婆さんじゃないかな?と思った。

ここで、急に意識が鮮明になってきて、今、夢を見ていると夢の中で自覚できる、いわゆる「自覚夢」状態に入った。
これまでの日記でも度々書いてるが、この自覚夢状態に入ると、色々不思議な体験が起こる。
今回も、ご先祖さんの代表としての曾婆さんから、何か重要なメッセージでもあるのか?いったい何事だ!と、ちょっと緊張した。

するとその曾婆さんが「アンタは、またすごい事したなぁ。アンタの書いた本がすごい売れたんやで」と言いだした。
もうすぐ発売予定の執筆本の事を言ってるのだろうか。
管理人「??ホンマに?」

曾婆さん「多くの人がな、集団でなぁ、アンタの本を読んで、困難を乗り切るんや。天皇さんも読まはったんやでぇ」
管理人「ええ~、なんかそれすごいやんか!」
何かよーわからんけど、そんな売れるならすごいやん!と、ちょっと夢の中で興奮してきた。
ベストセラーにでもなるのか?まさか。でもそんな事があったら嬉しい!

ここで、あんまり興奮すると目が覚めてしまうので、落ち着け!と自分に言い聞かせる。
目が覚める前にもっと貴重な情報を手に入れるんだ!と考え、冷静さを取り戻しつつ続ける。
「それって、どれぐらい未来の話なん?今年?来年ぐらい?」と聞いてみた。

すると曾婆さんは、「う~ん」とちょっと考え込んだ。
あ、やっぱり欲を出すとダメなのかなと思い直し、私は「あ!あんまり未来の事とかは聞かない方がイイんやね?」と遠慮した。

すると曾婆さんが静かに真顔で…
「まぁ、300年から500年ぐらい未来かなぁ」と答えた。

……。

「ナニその遠い未来…!売れるって、そんな未来の話なん!?」
「いやそれ、オレとっくに死んでるやん!!(涙)」
「どういう事や!婆ちゃん、ご先祖さんのお告げで、そんな冗談言うたらあかんわ~!」
と、のた打ち回ってる所で目が覚めた。

これは、いったいどういう夢?なんで最後にあんなオチが。。
しかも300年から500年って、えらい範囲広すぎ!
それぐらい未来の地球で発掘されて、注目を浴びるってこと?
それを来世の自分が見つけて「これ前世のオレが書いたんや」なんて言うても別人なんやしそれ自慢にならんやん!!
そんな冗談言うために夢に出てきたんか~婆ちゃん!!(涙)
と布団の中で身もだえしながら起きた。

「300年から500年後に話題になる本」
これを本のキャッチコピーにしとくか?
いや、ダメでしょ。。

 

  • 曾婆さんの予言?

曾婆さんの予言?

 

さてそんな遠い未来の話題の本。
まだ確定ではないのですが、一応5月中旬発売予定です。
原稿は出来ていて編集部に送ってるのですが、まだ最終確認が残っていて、連絡待ちの状態。
多分、最終確認が来て、私がOKを出してからでないと、発売日は確定しないと思うのです。
そんな感じで、まだなんとも、この日に発売します!と言い切れないのが、もどかしい状況。

一応、編集部に私が希望した発売日は5月15日です。(単に葵祭が好きなので、この日にしただけ)
でもどうなるか分かりません。
それ以降に遅れる事はあっても早まる事はないでしょう。
また何か予定が分かってきたら、この記事のコメントにでも追記するようにします。
そしてちゃんと発売されたら、ここの日記でもあらためて紹介します。

発売されたら、私も何冊かまとめて仕入れて、ここれんねでも販売できるようにしたいと思ってます。
そして、この本の発売と並行して、心応理講座(旧エリアシフト)も再開します。
現在モニタークラス募集中。
≫心応理学講座

今回のコースから試験的に主に3つのワークを追加で組み込みました。
1つは、浄化編においての、カウンセリングワークの強化。これまで理論中心に行ってきたので、どーも時間が足りなくて、体験が講座に追いつかない感じでした。
頭では分かっていても行動に出来ない状態。問題はないと言う問題に気づけない状態。
なので理論的な事は、今回から執筆本の方に任せて、講座内では実践に力を入れます。これまでの講座でも、各回ごとに変化の切っ掛けを起こす人は多かったのですが、ついその切っ掛けをスルーしてしまい変化しきれない人もいたので、その辺の強化。

2つ目は、前世体験を自分でも簡単に出来る様にするワークを、後半の昇華編に組み込みます。
問題が起こった時に、瞬間瞑想で前世を見て原因をさぐる。応用も利かせれば、特定の相手との前世を見る事で、その対象の人との関係上の問題の原因を知る事も出来る。
ただし、普通に前世を見ようとしても、認めたくない前世に原因は隠れていやすいため肝心な所は見えにくいもの。
この認めたくない自分を認められるようになるためにあるのが浄化編と言うワケです。

そして最後の3つ目が、ゆらとふるへの常連さんが好きそうな、高次元へのアプローチ法の実践です。
大きな声では言えませんが、いわゆる他所で言う所の、○○〇~・レイとか、○○〇~・ヒーリングなどと同じ様なワークです。アチラの方々と繋がる実践です。
試しに友達の前でやってみた所、霊感とか全くない人でも熱として感じてもらえたので、おそらくその理屈と感覚が一致すれば、普通の人でも何となく分かるようになるだろうと考え、組み込んでみる事にしました。

でもこれは、このサイトでもさんざん書いてますが、こう言うのは一歩間違うと高次の存在に化けた低級霊に繋がろうとする人とかもいるので、そんな間違いが起こらないよう、浄化編でしっかり自分と向き合ってもらってから、クラスごとにどこまでやるかは慎重に見極めながら行う予定です。

私も昔はよく興味本位で、そう言うスピリチュアルワークに参加して、色々体験はしてましたが、正直一緒の参加者の中に、何か違うものと繋がりながら気付いていない人もいました。そう言う時のワークの指導者は、大概そこに気付いていながら気づかないふりをしています。そこは私も同じです。

一度、違うものと繋がってしまうと、繋がった本人は自分を客観視できないし否定もできないので、「それ違いますよ」って言われても認められず、ますます悪化するだけなんです。本人が自分で「違うかもしれない」と気付くしか助かる道はないんです。

なので今回から、上記のスピリチュアルワークを試験的に組み込みますが、そのワークを行うまでに、この自分で「違うかもしれない」という考え方を、いつでも切り替えられる自分になってもらうために、浄化編をしっかり受講された方のみ昇華編に進める形にしています。
そうすることで私も「それ違うものだよ」とあえて言えるだろうし、それを前提に今回から始めます。

いや、もうスピ系のネタになると、私も毎回これ書いてますね^^;
昔から読んでる人にとってはしつこいと怒られそうですが、未だに変わらずお客さんにそう言う危険を感じさせる人は沢山いるので、もうお約束なんです。
ここだけの話、私はそういう人を見かけた時は、一応心応理学web講座を読むことを薦めておきます。
特に4章目に詳しく書いているのですが、すでに憑かれてる人は必ずと言ってイイほどこれが読めないんです^^;
でも微妙な線を行き来していて、読まれて、もしや私も?と気付かれた場合は、比較的気付いた時点でもう大丈夫なので、こっちも安心して状況を説明できます。

こう言ったものに憑かれやすい人が一番気を付けるべきは「依存」です。特に霊感が欲しいとか、神様や天使と交信できたらなぁとか、言う気持ちがあったら、まずその依存心としっかり向き合わないと、そこに付け入って向こうから神さんの姿をして現れることが多いのが低級霊です。
逆に言えば、この依存心さえ無ければ、そうそう間違いは起こらないし、まぁそもそも興味自体あまり沸いてこなくなると言う面もあります。
「ああ、もしかすると助けられてるのかもしれない‥。感謝しておこう。」とこっそり思うぐらいが、ちょうどいい運気を保てます。

もちろん私自身も、この講座を進めながら、いつも自分の中の依存心は再確認させられてます。
つい「ゆらとふるへの日記ネタを下さい」とか、「ゆらとふるへの記事が自動で更新される未来が来ます様に」とか、そりゃ祈りたくなりますよ。すみません。。

あ、あと今さらですが、サイトトップの「関連サイト最新情報」が、表示されなくなってます。
これもいずれ何とかしなきゃ…。でもしばらく放置状態が続きます。
いやもうサイト自体またそろそろリニューアルしなきゃ。

まぁ、とりあえず上記の夢は、ご先祖さんからもらったイイ日記ネタだったので、今回ありがたく利用させて頂きました。。。
お陰様で、ようやく今年二本目の日記が書けました。
ご先祖様、とっても余計なオチ付きのネタをありがとう。。。

 


Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA