2016 4月 27

体脱クラブ 2016年04月27日 19:00

むか~し、挑戦した体脱。
このサイトの「不可思議考察」の中の「ヘミシンク(体外離脱)」の記事でも詳しく書いているが、もう10年以上前に受けに行ったヘミシングの体外離脱のセミナー。
この略して「体脱セミナー」以来、体脱からは興味が無くなってすっかり忘れていました。

しかし最近になって、たまたま居合わせた友人の間で、この体脱が話題になり、ちょっとみんなで集まって「体脱会」を実施してみる事になった。

参加するのは、ここでは「体脱Kさん(男性)」と「体脱Wさん(女性)」としよう。そして私「体脱管理人」を加えての3人だ。

本当は、あの10年以上前の体脱セミナーで知り合った体脱Dさんも、近所に住んでるので声をかけていた。彼はヘミシングの基本CDセット全6巻を持っているのはもちろん、ヘミシングの音楽CDの数々や書籍、今では販売されていないフォーカス27のテープまで持っている体脱マニア。是非「体脱先輩」として参加して欲しかったのだが・・・。
彼は一言・・「オレは卒業した」と言い残し去ってしまった。

他にも、ヘミシングを実際に聞いた事の無い友人も興味を示してたのだが、当日は仕事で参加できず。
まぁヒプノとは違って、基本的にザーッと言う音を聞いてるだけだし、知らない人は「なんじゃこりゃ?」って、ガックリするんじゃないかと言う気もするし、最初はとりあえずこの3人でよかったのかも。

「体脱会」当日。午後から、うちのサロンに集まって、オーディオの分岐ケーブルを使って、そこに3人が自前のイヤホンを挿して、一緒に聞く。
もう基本それだけの会だ。

 

  • 怪しすぎる体脱会

お昼寝会にしか見えない体脱会

 

ヘミシングの基本CDセットは、CD3枚入り1セットで6巻まであり、一緒に参加した二人は、二人とも全巻揃えているツワモノで、私は1巻目のセットしか持ってなかった。

最初は1巻目の序章と、リリースとリチャージを聞いたんだったかな?合わせて1時間ほど。
まぁ、とびとびで抜粋して聞いたので、やっぱり「では、フォーカス10で会いましょう」と置いてかれる所で、「ああ、この置いていかれる感が、やっぱり切ない」と懐かしがりながら聞く。

特に何も体脱感は無く、途中でうつらうつら。
ただ、途中でハッと目が覚めた時に、あの半覚醒の時に起こる体が振動する感覚が起こったので、これまた懐かしい感覚だと思いながら終わって、みんなでシェア。
体脱Kさんは、神社や神さん系のビジョンが出てきたらしく、さすがだ。

とりあえず二人が持ち寄ってくれた茶菓子やお茶類でくつろぐ。
ついつい怪しい話で盛り上がり、気が付いたら1時間近く経ってたので、慌てて続きに挑戦する。

2セット目は、体脱Wさんが2巻目も持ってきてくれてたので、2巻目のフォーカス12入門と問題解決のセッションに挑戦。
これは、ちょうどヒプノのハイヤーセルフのセッションに似ている。

しかし事前に、何の問題について解決するのかを決めてなかったので、私は「問題が起こった時、どう解決すればイイのか?」と言う形で、問いかけてみた。
これに対して返ってきた答えは「問題と言うのは、その人に解決できる範囲で、一つ一つ順番に起こってくる。だから一つ一つ順番に解決していけばイイだけのこと」と言う答えだった。
ああ、なるほどなと、ちょっと納得できた。

ここまで4セッション聞いたのだが、もうここで3人ともお腹一杯って感じで、セッションはこれで終わりにして、あとは晩飯の宴に突入して解散した。

後日、あの卒業したはずの体脱Dさんが、ヘミシングの6巻セットや、ヘミシングの音楽CD、書籍などを譲ってくれた。
これは、私に引き続き「体脱クラブ(笑)」として、また第二回目以降を企画せよと言う事なのか?

まぁ、体脱KさんもWさんも、一人で頑張るよりは、適度に緊張感も保てて持続するし、普段の生活では話せない怪しい話題も思う存分話せると喜んでくれてるし、私自身それなりに楽しかったので、この「体脱クラブ」しばらく続きそう。
体脱Kさんなんか岐阜から、この体脱会のためだけに、京都まで来てくれたようなもので、観光の方がオマケになってるし・・。

もし、体脱メンバーの誰かが、驚くような体脱を成し遂げた時は、またここで報告したい。
ちなみに私は、髪の毛の方がいつも体脱気味で困っている。まぁこれはここで報告しなくてもイイか・・・。

そんな地味に怪しい日々を送っている管理人の最近の出来事でした。

しかし今回、なぜこんなローカルに怪しい話題を記事にしたのか。
実は体脱会の時に、体脱Kさんと体脱Wさんに何気に「今回の体脱会は、記事に書いてもらっても我々は、全然かまいませんよ。^^」と、言われた・・。

これが何故か私には「今回の体脱会をネタにしてもイイから、ちゃんと『ゆらとふるへ』の日記を更新して下さい」と脅迫された様に聞こえたのだ・・・。
いったい何故だ・・・!?

 


体脱クラブ はコメントを受け付けていません。
Copyright (C) Yuratofurue.com All rights reserved

illust by atelier PUJA